【カレリア語概要】INDEX
INDEX

言語学的系統
カレリア語と方言
カレリア語ABC(アルファベット)-ヴィエナ方言/オロネツ語
・カレリア語ABC(アルファベット)-リュード語
・カレリア語の発音:母音
・カレリア語の発音:子音
・カレリア語の発音:アクセント
・カレリア語の発音:イントネーション
母音調和

>>カレリア語のページに戻る
【カレリア語概要】母音調和
カレリア語には a, e, i, o, u, y, ä, ö の8つの母音があります。
参考:【カレリア語概要】カレリア語ABC(アルファベット)-ヴィエナ方言/オロネツ語

カレリア語には、あるグループの母音と別のグループの母音は同じ語の中に出てきてはいけないという約束があり、これを「母音調和」と呼んでいます。
8つの母音は以下のように3つのグループに分かれます。

母音調和1

カレリア語の母音調和は、「『前母音 vs 後母音』の対立にもとづく『舌の調和』」(※1)です。
① のグループに属する y, ö, ä という音と、③ のグループに属する u, o, a という音は、一つの語に一緒に出てくることはありません。
例えば、kynä (ペン)という単語はありますが、kyna という単語はありえません。
同様に laukku (鞄)という単語はありますが、 laykky という単語はありえません。

② のグループに属する i と e は母音調和には関与しない中間的な立場にありますので、① と③ どちらのグループの母音とも一緒に使われます。
例えば、kirja (本)という単語もありますし、piä (頭)という単語もあります。

この母音調和の約束は、単語に格語尾や人称語尾をつけるときに非常に重要になってきます。
例えば piä (頭)という単語に内格語尾(-ssa/ssä)をつける場合は、①の前母音である ä が含まれていますので -ssä をつけて piä-ssä とします。

また、もし単語の中に②のグループである i, e しかない場合には、①の前母音を含む語尾をつけます。
例えば tie (道)という単語に接格語尾 (-lla/-llä)をつける場合は、tie-llä となります。

全体的なイメージを下図で確認しましょう。

母音調和2


>>【カレリア語概要】INDEXに戻る
【カレリア語:ヴィエナ方言 文法】INDEX
【カレリア語:ヴィエナ方言 文法】 -ko/-kö を使った疑問文
● -ko/-kö を使った疑問文

カレリア語では「~ですか、~しますか」というような、「はい」あるいは「いいえ」で答えることのできるような疑問文を作るときに、通常文の動詞に -ko/-kö という印をつけて文頭に置きます。
-ko/-kö の使い分けに関しては、【カレリア語概要:母音調和】で確認してください。

動詞 olla には -ko をつけて疑問文をつくることができます。
それぞれの人称形に変化させた後に -ko をつけます。

Šie olet opaštuja. /あなたは学生です
⇒ Olet-ko šie opaštuja? /あなたは学生ですか?

さて、相手から質問をされたどう答えればよいでしょうか。 基本的には質問時と同じ動詞をつかって「~です、~します」と答えます。つまり、動詞の肯定形で答えます。
また、kyllä(はい, もちろん)という語を使って答えることも可能です。

Olet-ko šie opaštuja? /あなたは学生ですか?
- Kyllä, mie olen opaštuja. /はい、私は学生です
- Olen. /そうです
- Kyllä. /はい

質問の答えが「~ではない、~しない」場合には、動詞の否定形で答えます。

- Ei, mie en ole opaštuja. /いいえ、私は学生ではありません
- En ole. /そうではありません
- En. /いいえ



>>【カレリア語:ヴィエナ方言 文法】INDEXに戻る