スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画】ヒムラーの楽器(Instrument of Himmler;Himmlerin kanteleensoittaja)
ヘルシンキドキュメンタリー映画祭DocPointは、北欧で最大級のドキュメンタリー映画の祭典の1つ。毎年1月にヘルシンキにて行われています。
今年2014年の作品として、私たちカンテレ愛好家にとって非常に興味深い映画が出品されました。

「ヒムラーの楽器」と題されたこの映画では、ナチスドイツ親衛隊指揮者ハインリヒ・ヒムラー(Heinrich Himmler)の下、カレリア地方の民族調査研究にあたる1人のフィンランド人学生ウルヨ・フォン・グレンハーゲン(Yrjö von Grönhagen)の姿を描いています。
タイトルの”楽器”が指すのは、”カンテレ”。

アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)の側近として知られるヒムラーとカンテレには、一体どのような関わりがあったのでしょうか。

***
ヒムラーの楽器/Himmlerin kanteleensoittaja

【映画】ヒムラーの楽器/Himmlerin kanteleensoittaja

原題:Himmlerin kanteleensoittaja(ヒムラーのカンテレ奏者)
英題:Instrument of Himmler
製作国:フィンランド
製作年:2014年
上映時間:56分
監督:ヘイッキ・フットゥ=ヒルトゥネン(Heikki Huttu-Hiltunen)

【内容】
出発時には、旅の終わりがどこにあるのか分からないものだ。
1935年、若きフィンランド人学生ウルヨ・フォン・グレンハーゲンは自らの足でパリからカレリアへと消えゆく民族伝統文化を求めて旅立った。しかし、ドイツへ入ったところで旅は中断する。ナチスドイツ親衛隊指揮者ハインリヒ・ヒムラーがこの若き学生とルノラウル(フィンランドの古詩歌)に興味を示し、彼を迎えたのだ。
最後にフォン・グレンハーゲンが調査へ向かった時には、彼はナチスの公的研究機関アーネンエルベの役員にまで昇りつめており、カレヴァラの歌への純粋な探求は「古い北欧伝統の中にアーリア人種の存在証拠を見出す」という、ヒムラーの説を裏付けるという使命に変わっていた。

ヘイッキ・フットゥ=ヒルトゥネン監督は、フォン・グレンハーゲンの長きに渡るカレリア旅中の写真を織り込むことによって、簡素で文学的な映像の中に緊張感を与えている。

詳細:
ヘルシンキドキュメンタリー映画祭HP[フィンランド語/英語]
***

ヒムラーはカンテレを愛し、自身も演奏していたと言われており、ユバスキュラにある手工芸博物館からは、ハーケンクロイツ(ナチスの鉤十字)が刻まれた5弦カンテレが発見されています。

その後ヒムラーの説とは対し、ヒトラーはアーリア人種の起源として北欧ではなくアジアに目を向けはじめ、フォン・グレンハーゲンは新たにアーネンエルベの会長に就任したヴァルター・ヴュスト(Walter Wüst)により、その職を解かれます。
このことが幸いし、フォン・グレンハーゲンは戦後、長きに渡り拘束されるものの処罰は免れます。

フォン・グレンハーゲンは後に、ヒムラーの傍らで過ごした日々を振り返り「Himmlerin salaseura(ヒムラーの秘密結社)」という本を残しています。
映画と合わせて、彼の残した言葉にもいつか目を通してみたいと考えています。
スポンサーサイト
【記事】カンテレメーカーKoistinen社の工房
フィンランドのカンテレメーカー、コイスティネン社の工房についての記事が、カレリア地方の新聞で紹介されています。

【記事】カンテレメーカーKoistinen社の工房

コイスティネン社の現社長Hannu Koistinen(ハンヌ・コイスティネン)がRääkylä(ラーキュラ)の町に古くからある牧師館を購入したのは20年程前のこと。家族の病気などもあり改築工事が遅れていましたが、無事完成され、古くは牧師館、学校、レストランとして愛されてきた建物がカンテレ工房として生まれ変わった、と記事は伝えています。

記事の最後には改築された工房の写真が紹介されています。
なかなか目にすることのないカンテレ工房の内部を少し覗けるチャンス。ご興味ある方は、以下のリンク先をご覧ください。

http://www.karjalainen.fi/uutiset/uutis-alueet/kotimaa/item/41730-raakkylan-iso-pappilasta-tuli-kanteleverstas
日本カンテレ友の会 ホームページ
日本カンテレ友の会のホームページが出来たようです。

日本カンテレ友の会 ホームページ
http://pienilumme.wix.com/kantelejapan

対応ブラウザは以下の通り。
・Internet Explorer(バージョン9以上)
・FireFox
・Google Chrome
・Safari

Windows内蔵のIE(インターネットエクスプローラ)を使用されている方で、OSがMicrosoft Windows XPの場合はご覧になることが出来ません。無料でダウンロード可能なGoogle Chrome等を導入して頂くことで閲覧可能になります。
【YouTube】はざた雅子/日本フィンランド新音楽協会コンサート第3回コンサート・講演会(2013/2/26)
2013年2月に行われた日本フィンランド新音楽協会 第3回コンサート・講演会の様子が、日本フィンランド新音楽協会のHP、YouTubeにアップされています。

はざた雅子先生のカンテレ演奏の他、新進気鋭の音楽家たちの演奏がご覧頂けます。

***
日本フィンランド新音楽協会 第3回コンサート・講演会(2013/2/26)



・コネヴィツァの教会の鐘(フィンランド民謡)
・オーロラ(はざた雅子)
・優しく響け我が悲しみの歌(O.メリカント)

日本フィンランド新音楽協会HP
【YouTube】JFCMS concert はざた雅子(カンテレ)
***
Kantele Flash mob in Tampere/カンテレ フラッシュ・モブ
街中で、突然はじまるパフォーマンス。始めは数人だったのが、だんだん、だんだん人数が増え、いつの間にか大勢が集まり・・・パフォーマンスが終わると、即座に解散。

インターネットの普及により、不特定多数の人々が呼びかけに応じて集まり、共にパフォーマンスを行う「フラッシュ・モブ」が世界各地で見受けられるようになりました。

国際カンテレコンクールの開催に合わせ、タンペレの街にカンテレが大集合。リズムにのってカンテレを奏で、歌う楽しい様子をぜひご覧下さい。

---
日にち:2013/05/23
場所:Tampere koskikeskus
演奏曲:Mukawa laululeikki(楽譜
作曲:Soili Perkiö

---
【CD】Baltian kantelekansat(バルト国のカンテレ弾き)/オムニバス
フィンランドの国営放送局YLEのラジオ番組”民族音楽の夕べ”では2012年を「カンテレの年」としてテーマに掲げ、フィンランドのカンテレと、カンテレと同じルーツをたどる弦楽器たちを紹介してきました。
★詳細(以前の記事)

番組の取材時に収録した様々な地域の”カンテレ”たちの音をまとめた音源をまとめる試みが企画され、いよいよ第1弾が発売となりました。
「Baltian kantelekansat(バルト国のカンテレ弾き)」と題された今回の音源では、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国で弾かれているカンネル、コクレ、カンクレスの音色が楽しめます。

CD化はまだされておらず、現時点での販売はiTuneダウンロード商品としてのみ。
続く他の地域の”カンテレ”たちの音も楽しみですね。
企画詳細(フィンランド語)

***
CD_KanteleenKielin.jpg Baltian kantelekansat

■From エストニア
01 Eesti maarahva Labajalg
  演奏:Liina Kask(クロマティックカンネル)
02 Labajalavalss
  演奏:Liina Kask(クロマティックカンネル)
03 Vauva
  演奏:Margit Kuhiと生徒たち(カンネル)
04 Kiri
  演奏:Tuule Kann(クロマティックカンネル)
      Jaak Sooäär(エレキギター)
05 Pulmad põllul
  演奏:Tuule Kann(小型カンネル)
      Jaak Sooäär(エレキギター)
06 Kui mu naine pahanoas
  演奏:Aivar Arak(カンネル)
07 Saarenmaan valssi
  演奏:Aivar Arak(カンネル)
08 Targa rehealuna
  演奏:Aivar Arak(カンネル)
09 Külapolka
  演奏:Aivar Arak(カンネル)
10 Padespann
  演奏:カンネルオーケストラKumma

■From ラトビア
11 Ziemas stāts
  演奏:Laima Jansone(コクレ)
12 Garais dancis
  演奏:Laima Jansone(コクレ)
13 Veretīs
  演奏:Laima Jansone(コクレ)
14 Saulīte
  演奏:Laima Jansone(コクレ)
15 ”7”
  演奏:Laima Jansone(コクレ)
16 Mierinājums sirdij lietainā dienā
   ar latviešu tautasdziesmu ”Gauži raud saulīte”
  演奏:Latvīte Podiņa(小型コクレ、コンサートコクレ)
      Ieva Danovska(コンサートコクレ)
      Dace Bleikša(コンサートコクレ)
      Sanita Sprūža(コンサートコクレ)
17 Tanssisävelmä
  演奏:2010リガ市 カンネルオーケストラ

■From リトアニア
18 Lastenlaulu
  演奏:Egidijus Virbašius(カンクレス)
19 Dzūkiška lopšinė
  演奏:Aistė Bružaitė(カンクレス)
      Algirdas Jedemskij(birbynė)※
20 Raliavimas
  演奏:Aistė Bružaitė(カンクレス)
      Algirdas Jedemskij(birbynė)
21 Girios idilija – Lietuvos Giružė
  (カンクレス)
22 Sutartinė
  演奏:Laura Lukenskienė(小型カンクレス)

※birbynėはリトアニアの伝統楽器。形状は素朴な縦笛のようだが、シングルとダブル両方のリードを用いることの出来る木管楽器。

製作:Matti Kontio,Timo Väänänen
録音:Leena Häkkinen,Matti Kontio,Timo Väänänen
発売元:Kanteleen kielin,IMU
発売年:2013年

iTune:
https://itunes.apple.com/fi/album/baltian-kantelekansat/id590982160?ign-mpt=uo%3D4
***

シベリウスアカデミー カンテレソロ科創立25周年コンサート
2012年11月24日、ヘルシンキではシベリウスアカデミーカンテレソロ科創立25周年を祝うコンサートが催されました。

シベリウスアカデミーカンテレソロ科は、フィンランドの伝統楽器であるカンテレを高い技術力・表現力の追求により、ただの「民族楽器」の枠を超えた芸術性高い楽器としての価値を示しました。

コンサートには同科の学生や教師をはじめ、現在プロのカンテレ奏者として活躍する卒業生たちが出演し、カンテレの無限の可能性をそれぞれの演奏で表現したようです。

コンサートの様子はシベリウスアカデミーのアーカイブWebでご覧になることができます。
シベリウスアカデミーカンテレソロ科創立25周年コンサートFRESH!
シベリウスアカデミー アーカイブWeb
【絵画の中のカンテレ】『Katkennut kieli(こわれた弦)』/Helene Schjerfbeck
Helene Schjerfbeck (1862-1946) はフィンランドの画家。
人生のテーマとして描き続けた自画像や静物画はどこか物悲しい配色の中にも関わらず、逞しく生きる女性=彼女自身を慎ましくも強く浮かび上がらせています。

2012年は彼女の生誕150周年。
アテネウム国立美術館では6月~10月にかけてHelene Schjerfbeck展が行われ、フィンランド郵政からも記念切手が発売されました。

Helene Schjerfbeck記念切手2012

彼女が1893年に描いた『Katkennut kieli(こわれた弦)』は、カンテレの練習中に弦が切れ哀しそうに佇む少女の姿を描いたもの。少女の表情から、溜息までもが聞こえてきそうです。

『Katkennut kieli(こわれた弦)』

この『Katkennut kieli(こわれた弦)』は、一般オークションで4500万円以上で落札され、一時話題となりました。2008年にはSchjerfbeckの別の作品がフィンランドの絵画では最高価格で落札され、彼女の作品への評価は高まる一方のようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。