【お散歩】桜新町 サザエさんに会いたくて
桜新町、といえば。
駅の目の前に広がる通称"サザエさん通り"商店街の名のごとく、サザエさんの街。 店先の至る所にサザエさんに出てくるキャラクターの看板がごく自然に配置され、商店街を歩く人々の目を楽しませてくれます。

長谷川町子美術館ではサザエさんの原作者、長谷川町子さんが集めてきた美術品を紹介しています。もちろんサザエさん、いじわるばあさんといった彼女の作品なども2Fの「サザエさんコーナー」に展示されています。

私が行ったときには、町子さんのコレクションの中でも動物を扱った作品を集めた「絵の中の動物たち」が展示されていました。愛らしかったり、野生的であったり・・・様々な表情の動物たちに会えますよ。

すっかり町子ワールドの虜になりミュージアムショップでサザエさんグッズを買おうと思ったら・・・財布にお金がない!!慌てて一緒に来ていた友人に借りましたが、なんだか自分がサザエさんになったような気分でした・・・。

が、懲りずにまた遊びに行きます☆

***
財団法人 長谷川町子美術館

住所:東京都世田谷区桜新町1-30-6
TEL:03 (3701) 8766
開館日:火?日曜・祝日
開館時間:10:00?17:30 (入館締切17:00)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、展示替期間、年末年始
入館料:一 般・・・600円
     大高生・・・500円
     中小生・・・400円
URL:http://www.hasegawamachiko.jp/
***
  1. コメント:0
【お散歩】桜新町 ログハウスでお好み焼き
桜新町駅から歩いて7分ほど。閑静な住宅街の一角にでーんと構える立派な門。愛嬌のある地蔵像に迎えられて中に入ると、広々とした庭園になんだかオシャレなログハウス。

素敵なログハウスでお好み焼き、もんじゃ焼き、鉄板焼きを提供する"古無門"さんの広々とした店内は光にあふれ、ゆったりと美味しい鉄板料理を味わうことが出来ます。

今回はランチに行きましたが、夜はライトアップされることもあり予約必須の込み具合だとか。
仲間たちとわいわいお好み焼き、もんじゃ焼きをつまみながら過ごすひと時も良いですね。

***
古無門

住所:世田谷区弦巻4-14-1
TEL:03-5451-8800
営業時間:11:30-23:00
定休日:無休
URL:http://www.eight-8.co.jp/
***
  1. コメント:0
【お散歩】谷根千 弥生美術館/竹久夢二美術館
なんとなく、川端康成の女性描写を読むと不思議と竹久夢二の描く女性が頭に思い浮かんでいました。『乙女の港』の挿絵をずっと夢二が描いたと勘違いしていたからでしょうか(正しくは中原淳一)。

どちらにしろ、竹久夢二の描く叙情的な女性が好きだったことにはかわりありません。

根津駅から歩いて7分程の場所にある弥生美術館、竹久夢二美術館に行ってきました。 弥生美術館では「小林秀恒展」、竹久夢二美術館では「乙女によせるメッセージ展?絵と詩で紡ぐロマンチシズム?」が開催中です。

弥生の方では34歳の若さで亡くなった挿絵画家・小林秀恒をはじめ、昭和初期?戦後にかけて活躍した挿絵家たちの描く女性たちにうっとりしつつ、王道「昼ドラ」な小説の内容に苦笑い(続きが気になります・・)。それにしても挿絵画家たちの女性を観察する目には、女性として憧れてしまいます。

***
弥生美術館/竹久夢二美術館

住所:東京都文京区弥生2?4?3
開館時間:10:00?17:00 (入館は16:30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、展示替期間、年末年始
入館料:一般・・・800円
     大・高生・・・700円
     中・小生・・・400円
※上記料金で2館とも入館可能
URL:http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
***
  1. コメント:0
【お散歩】谷根千 雨の日は美味しいうどんを
***
釜揚げうどん専門店 根津釜竹

住所:東京都文京区根津2-14-18
TEL:03-5815-4675
営業時間:
 火?土・・・11:30?14:00(ランチ)
        17:30?21:00(ディナー)
 日・祝 ・・・11:30?16:00
定休日:月曜日
***

明治時代築の石蔵を利用した手打ちうどんの専門店"根津釜竹"さんではあっさりした優しいおダシが嬉しいおうどんが頂けます。広々とした店内で掘りごたつに腰かけ、ズッと頂く釜揚げうどんのなんて美味しいこと!

雨ふる小寒いお散歩の合間には温かいおうどんでほっと一息☆
  1. コメント:0
【イベント】2009.01.30/02.01 カンテレ・ワークショップ
カンテレのワークショップが開催されます。

***
■2009年1月30日(金)
 時間:18:00?20:45
 場所:品川のパーティールーム
  ※17:45にJR品川駅 港南口にて待ち合わせ後、移動
 参加費:1000円

北海道のカンテレ奏者、佐藤美津子さんを囲んで、アットホームな雰囲気のパーティーです。 アンサンブルも楽しみましょう。my楽器(特にカンテレ)持参歓迎。

■2009年2月1日(日)
 時間:15:00?20:30
 場所:銀座IWAO芸術サロン
 住所:東京都中央区銀座 2-8-5 岩尾ビル5階
  ※これまで地下でしたが、今回から5階になります
 参加費:1500円

ペリマンニの音楽から東方の曲まで、フィンランドの伝統音楽の歴史的理解から入って、何曲かみんなで弾いてみようという試みです。

参加(希望)楽器
 ・カンテレ(38・37・36・26・15・10・5弦は参加)
  マイ・カンテレ大歓迎
 ・ニッケルハルパ、バイオリンなどフィドル類
  ヨーヒッコ、あったら大歓迎
 ・フルート、リコーダー、オカリナなど笛類
 ・バウロンなど打楽器類
 ・ツィター・マンドリン・プサルテリーなどの撥弦楽器類
その他なんでも

【お問合せ・参加連絡先】
 TEL/FAX:03-3269-6321
 e-mail:actnt@excite.co.jp
 またはmixiコミュ「オーロラ工房」イベント欄から

お気軽にご参加ください。当日いきなり参加も大歓迎です!
***

カンテレを含め、色々な楽器に触れるチャンスです。
カンテレってどんな楽器?という方、ぜひ足をお運び下さい☆
今月のアラビア[1月]
kirpputoriさんから年明け第1段のアラビア・コーヒーカップが届きました。
商品名:VUOKKO
年代:1949~1964年
デザイン:Kaj Frank

白地にグレイに近いカーキ色で描かれた柄が素敵なこちらのカップ。有名なカイ・フランクのデザインによるものです。Vuokko(ヴオッコ)とは、ボタンやアネモネといったキンポウゲ科植物の総称。

コーヒーの湯気に身体をじーんと暖めてもらいたくなるこの季節、フィンランドデザインの巨匠と呼ばれる彼のカップでほっこり珈琲タイムもいいかもしれませんね。
  1. コメント:0
和美誘惑
サウレサロンでスウェーデン語を教えているTOMOKOさんは、お料理・お菓子作りの名人。彼女から手作りの和菓子をお年賀として頂きました。老舗和菓子屋で買ったかのような美しい和菓子に思わずため息。
さすがです。

スウェーデン語のサロンでもときどきTOMOKOさん作の美味しいお菓子が頂けるのでぜひチェックしてみて下さいね。
  1. コメント:0
ことばに集う
オシャレな北欧のエコ子供服を展開しているサウレ エコリュクスさんが事務所を開放して開催しているサウレサロンでは北欧を中心とした海外の言語を学ぶことが出来ます。

12月よりこちらでフィンランド語を担当することになった私ですが、仕事の忙しさにも追われなかなか思うように行かず四苦八苦・・・。
でも新年を向かえ、気持ち新たにフィンランド語の楽しさを色んな人に伝えられるようこれから頑張っていきます!

今日はサウレのオーナー清川さん、スウェーデン語講師のTOMOKOさん、これから始まる(かも?)ノルウェー語講師のYさんと一緒に新年会を兼ねたお食事会☆
(実はTOMOKOさん、Yさんは大学時代の友人です)
4人でイタリアンを食しながら仕事のこと、趣味のこと、北欧への想い、新年の抱負なんかを語らいました。

***
サウレサロン
場所:北欧・海外子ども服のネットショップ「サウレ」の事務所
言語:ドイツ語スウェーデン語フィンランド語
開催日時:各言語ごとに異なりますのでHPにてご確認下さい
***

今月のフィンランド語講座の内容は近々掲載して頂く予定です。
みなさん、ぜひ遊びに来てくださいね。
  1. コメント:2
【SHOP】イッタラGINZA
昨年11月に日本初・路面店が銀座にオープンしたフィンランドのガラス・陶器メーカーのイッタラ(Iittala)にようやく足を運んできました。開店時間の直後に行ったにも関わらず、お客さんがちらほら。

フィンランドの陶器メーカーとしてその名が有名なアラビア社、ステンレスのキッチンツールを扱うハックマン社などがガラスを扱うイッタラに統合されたのは2003年のこと。
統合により幅広い商品展開を国外へも積極的に行い、ついに日本に初上陸。 かもめ食堂によりフィンランド熱が高まっている中、今後の日本での動きにも期待が高まりますね。

しかし・・・フィンランド語的な発音『イイッタラ』に慣れている私としては、どうしてもまだ『イッタラ』という響きが耳に馴染まずにいます・・。

***
イッタラ銀座
東京都中央区銀座6-2-3
ダヴィンチ銀座アネックスビル1階
営業時間
 通常営業時間:11:00~20:00
 日・祝:11:00~19:00
 ※定休日:元日
http://www.iittalashop.jp/
カレンダー(Kalenteri)
新年をむかえ心新たに生活をするための必需品といえば、カレンダーですね。

部屋用として今年用意したのはフィンランドの日めくりカレンダー。おなじみ、kirpputoriさんから購入しました。めくった後の紙は小袋にしたりメモ帳にしたり・・・と活用する予定です。

もうひとつ、欠かせないのが日々持ち歩く手帳。

文房具のMIDORIさんから出ているトラベラーズノート。使う度に自分色に味の出てくる皮のカバーと、自分で中身をカスタマイズ出来る機能性の良さに惹かれ、2年前より愛用しています。
無地のノートに自分が一番書きやすいスタイルの枠を印刷し、オールフィンランド語で、さらにフィンランドの祝日なんかも記して思いっきり自分仕様なこの手帳。印刷するのに手間はかかるけどやっぱり気に入っています。

新しいカレンダーってわくわくしません?
はやく予定を書き込みたくて仕方がないのは私だけでしょうか・・・。

今年も手帳が真っ黒になるくらい、充実した予定たっぷりの年になりますように☆
  1. コメント:0