【KANTELE誌】2.2009 
2009年第2号のKANTELE誌が届きました。

フィンランドのカンテレ協会HP(Kantele.net)が新しくなったことにより、掲載されている記事のほとんどを誰でも見ることができます。(全てがフィンランド語ですが・・・)

特集はコンサートカンテレを発明したサルミネンについて。
サルミネンの死後から60年経った今年、ユバスキュラにカンテレミュージアムがOpen。そこにはサルミネン自らが製作したカンテレも展示されています。

今回何より驚き嬉しかった記事が、ヘルシンキで活動するアマチュアカンテレ奏者Kurikka姉妹について。姉のOlga(オルガ)、妹のTatjana(タチアナ)の二人とは去年、クフモで開催された国際カンテレキャンプで共に過ごし、一緒にカンテレを奏でた仲間です。

記事では、インターネットを利用して積極的に世界のカンテレプレイヤーとつながっていこうとする二人の活動が取り上げられています。(詳細:http://kantele.net/olga-ja-tatjana-kurikka/2240#more-2240

ふたりの演奏はMySpaceページで聴くことが出来ます。

***
Duo Vesper(ふたりのデュオ)
http://www.myspace.com/duovesper

Olga Vesper(Olga)
http://www.myspace.com/olgavesper
***

同じく去年のキャンプで出会ったスペイン人Juan Luis(ホァン・ルイ)の笛とOlgaが一緒に奏でるEleanor Plunkettはキャンプの思い出の曲のひとつです。

第2回クフモ国際カンテレキャンプは今年も6月29日から開催。同時期に開催される音楽フェスティバル・ソンメロの中でもカンテレが大きく取り上げられ、たくさんのコンサートが予定されています。

キャンプの申し込みは6月5日まで。
詳細はコチラをご確認ください。
H.R. Higgins
イギリス旅行に行かれていたSaule EcoLuxeのオーナーさんより頂きました(ありがとうございます☆)。英国王室御用達のH.R.ヒギンスはイギリス屈指のコーヒー&紅茶専門店です。

クラフト調のパッケージに麻紐、と見た目もかわいいですが、さすが王室御用達。深い味わいがすっと溶けるような落ち着いたテイストです。コーヒーが苦手な人にも飲みやすいんじゃないかしら。贈り物にもオススメです。

日本ではBASK神戸(代理店)でのオンラインショップの他、三越銀座で取り扱いしているようです。

***
H.R. Higgins(Coffee-man)Ltd.

79 DUKE STREET LONDON
W1K 5AS
http://www.hrhiggins.co.uk/
***
神戸北野 BASK

http://www.bask-kobe.com/
***
  1. コメント:0
カンテレを始めたい方に
フィンランドのカンテレ協会では
「カンテレを始めたくても楽器がない!」
という人のために、3台のホームカンテレを貸し出し用として用意。小型カンテレもご希望により。

そんな環境が日本にも出来れば
もっとカンテレ人口増えるのかな。

***

怠けていた5弦カンテレをちょろちょろと弾いている最近。
シンプルだからこその面白さ。

5弦はたくさんの子どもたちに触ってもらいたい、と思う。
子どもたちの想像力に後押しされて
きっと新しい音が創造されると思うから。
  1. コメント:0
【カンテレ in Helsinki】SKS-フィンランド文学協会

フィンランド国内において最も歴史のある学術機関の一つであるSKS-フィンランド文学協会(Suomalainen kirjallisuuden seura)は、設立以来フィンランドの言語、民俗学・史、文学といったフィンランド文化の収集や研究を支援、促進し続けています。

1831年に設立されたSKS、もともとはエリアス・ロンルート(Elias Lönnrot)による『カレワラ』を含めた民族詩の収集活動の支援からはじまりました。

『カレワラ』採取の道中、ロンルートは詩を歌うときに伴奏として使われるカンテレの演奏文化が消失しつつあることに気づき、自らが採取した歌にあわせ演奏するようになりました。また、彼はカンテレを普及させるために自ら製作をもしたといわれています。

そういった経緯からか、SKSのロゴにはロンルートが守り継いだカンテレが使用されています。
1890年に建てられたヘルシンキにあるSKSの本館はの建物内、階段の壁画にもカンテレが描かれています。

***
SKS-Suomalainen kirjallisuuden seura
フィンランド文学協会

住所:Hallituskatu 1, Helsinki
 ※現在、改装中のため閉館)
URL:http://www.finlit.fi/
***

2009年10月にはSKSよりカンテレを題材とした本『Kantele』が新しく出版されます。
カンテレとは何か?なぜフィンランドにカンテレがあるのか?カンテレでは何が奏でられるのか?そして、カンテレのこれからは?
今から待ち遠しい1冊です☆
はざた雅子&カンテレーナ
新緑の鮮やかな色彩に囲まれて、ゆったりとした空間で聴くカンテレの音。そんな贅沢な空気を作り出してくれた、素敵なコンサートでした。

演奏はもちろん、お客様を含めた会場一体の雰囲気作りがコンサートの醍醐味。全てが共鳴したときに起こる感動は、その場にいる者たち共通の"秘密"のようなもの。そして拍手が起こります。

メンバーそれぞれの個性がぶつからず、融合して一緒に作り出す音のなんて優しいこと!改めてカンテレの音の魅力を感じました。

素敵な音をプレゼントしてくれたはざた先生、カンテレーナの皆様からは、色々と学ばせて頂きました。Suuri kiitoksia kaikille☆
次回も楽しみにしています!

それにしても、はざた先生の高速パッセージにはただただ溜息。私の怠惰な指にももっと頑張ってもらわなきゃ・・・。
今月のアラビア[5月]
月に一度のARABIAコーヒーカップの会。今月届いたのはコチラのカップ。

詳細は不明ですが、Greta-Lisa JaderholnデザインのEPモデルです。

Kirpputoriさん、いつもありがとうございます☆
  1. コメント:0
【イベント】第13回 お話と音楽と映像で綴る 北欧の魅力
***
日芬修交90周年
第13回 お話と音楽と映像で綴る 北欧の魅力

日にち:5月30日(土)
時間:14:00~(開場13:00)
場所:町田市民フォーラム 3Fホール
住所:町田市原町田4-9-8

料金:¥2,000(小・中学生¥1,000)
 ※収益金の一部は「がんの子供を守る会」に寄付いたします

【申込み/問合わせ】
TEL/FAX:042-735-4168(谷口)

出演:
 井上幸子(クラリネット)
 谷口艶子(歌)
 谷口ひろゆき(お話)
 水月恵美子(ピアノ)

主催:フィンランドのお話と音楽を聴く会
協賛:フィンツアー
後援:フィンランド大使館、(社)日本フィンランド協会、
    日本シベリウス協会

【内容】
第1部 フィンランドの子供の世界
第2部 バスクラリネット独奏と踊りでつなぐ独特な世界を作り
     出した井上幸子による「フィンランド音楽シベリウス?
     ハコラまで」、クルーセル作品12
***

出演者の全員がフィンランドの音楽院にて学んだ経験のある実力者たち。フィンランドの魅力をスライド映像、トーク、音楽であますところなく紹介する、贅沢なコンサートです。
  1. コメント:0
【カンテレ in Helsinki】デザインホテル
ヘルシンキの中心から400mほど、マンネルヘイム大通りの始発点にあるホテル"クラウス K"。1913年に建てられた老舗のこのホテルは2005年秋に大幅なリニューアルをし、デザインホテルとして生まれ変わりました。デザインのテーマは『カレワラ』。
そう、フィンランドの神話のカレワラです。

そのため、ホテルのいたるところにカレワラモチーフのデザインが見受けられます。例えば、ホテル内にあるレストラン"Irmatar(イルマタル)"のネーミングは、カレワラに出てくる大気の女神の名前から。レストラン内には白樺の木が飾られています。

ホテルの地階にあるのがBar Ahjo(アホヨ)。Ahjoとは"鍛冶場"を意味する単語で、カレワラの中に出てくる"サンポ(富、繁栄、幸福をもたらすもの)が作られた場"を表しています。ここで頂けるカクテルにはカレワラから名前をとったものもあるそう。

Ahjoは白と黒の世界に分かれており、カレワラのテーマでもある"昼と夜"、"正義と悪"を色で表しています。そのロビーの真っ白な空間、壁一面に、カンテレが描かれています。

  


他にも客室の名前が"情熱"、"嫉妬"と名づけられていたりと、デザインホテルならではの遊びゴコロが満載。ヘルシンキの旅でちょっと不思議な神話世界に浸ってみたい方にはおススメです☆

***
ホテル Klaus K

住所:Bulevardi 2, 00120 Helsinki
TEL: +358 (0) 20 770 4700
URL:http://www.klauskhotel.com/

Bar&Club Ahjo
TEL:020 770 4711
URL:http://www.ahjoclub.fi/
***

ちなみにホテルの名前"クラウス K"とは、1400年~1500年代からフィンランドに伝わる叙事詩『エリナの死詩(Elinan surma)』に出てくる登場人物、クラウス・クルキ(Klaus Kurki)からとったもの。
『エリナの死詩(Elinan surma)』:中世期にVesilahtiの町で起こった実話に基づいたもので、傲慢なクラウス・クルキという男に愛情を抱いた娘、エリナが死に至るまでを描いた物語。
【Kantele Column】記事一覧
カンテレにまつわるエピソードを紹介していきます。
(随時更新)

***

『カレワラ』の中のカンテレ
 -民族叙事詩『カレワラ』の中に出てくるカンテレとは?
サルミネンとコンサートカンテレの誕生
 -コンサートカンテレの誕生と、開発者サルミネンについて
■さまざまな国のカンテレ
 -バルト海周辺地域で演奏されるカンテレの仲間たち
■ハーパヴェシスタイルと民族音楽
 -ハーパヴェシの町を中心とした演奏スタイルについて
■スティックを使うサーリヤルヴィスタイル
 -小さなスティックで演奏するスタイルについて
■カンテレ×ロック
 -若者たちのカンテレと新しい試み


***
  1. コメント:0
【お知らせ】キッチンFREUND パン作り体験教室
私の友人が開催するパン作り体験教室のお知らせです。
興味のある方はMiまでご連絡ください!

***
キッチンFREUND
パン作り 体験教室

日にち:6月20日(土)、もしくは6月27日(土)
 ※ご希望日をお知らせください

時間:10:00?
 ※試食を含め2時間程度
工房:横浜市都筑区(最寄り駅:鴨居)
費用:¥1,000

講師:のりる
 ジャパンホームベイキングスクール講師)

【内容】
 パウンド型ミニ食パン
 アンパンマンパン
***

キッチンFREUNDでは月1回の定期的なパン作り教室を7月頃より開催予定です。
こちらも興味のある方はご連絡ください。

***
キッチンFREUND
ジャパンホームベイキングスクール下)

開催予定:
 水曜日 ?10:00?13:00
 水曜日 ?13:00?16:00
 土曜日 ?10:00?13:00
 土曜日 ?13:00?16:00
 ※人数そろい次第開講、ひとり月に1回
定員:1クラス3名
時間:3時間程度

【内容】
1回のレッスンでパンと簡単なお菓子もしくはデザート+サービスメニュー(パンorパンにあうスープ)を教わります。
2時間ほどの講習が終わったあとは、焼立てパンの試食タイム☆
作ったパンはお持ち帰りもできます。

【費用】
初級コース:¥2,100/月
※上記にプラス、(入会金:¥2,100、テキスト代:¥1,575)が初回必要となります
***

美味しいパンを自分で作れたら、ちょっと素敵ですよね。
私も参加する予定です!
  1. コメント:0
Kirjat kanteleesta/カンテレに関する本
へっぴり腰ながらそれなりに弾けるようになってきた、カンテレ。
毎日楽しく練習しています。

さて、そもそもカンテレってどんな楽器なのでしょう?
カンテレ説明ページに書いたような一般的な概説は知っているし、ちょっとインターネットで検索してみれば手に入る情報です。
それ以上の情報を知ろうとしたら・・・例えばフィンランド国内での地位、楽器の形の変遷、著名な演奏家、作曲家たちなんかを知ろうとしても、日本語での資料は残念ながら皆無といっていいでしょうね。

ということでお勉強。
先生の家にあるカンテレに関する本や冊子をごっそり借りてきました。数にして70冊以上!古いものは私が生まれる前、1970年代後半に発行されたものまであります。

これから少しずつブログでも紹介していくつもりです。 皆さんもぜひ一緒にカンテレについて”お勉強”してみてくださいね。

自分の好きな楽器のことをもっと知り、そして色んな人に知ってもらうために。
しばらくフィンランド語漬けな日々になりそうです。
  1. コメント:0
【表現】今日の天気は?
ちょっとしたフィンランド語のフレーズや単語を紹介していこうと思います。

Millainen ilma tänään on?
(ミッライネン イルマ タナーン オン?)
今日の天気は?

Tänään on kaunis ilma.
(タナーン オン カウニス イルマ.)
今日はいい天気です。

フィンランドの新聞で天気予報欄を見てみると、こんなお天気マークたちが使われています。


※クリックすると拡大します

Millainen ilma tänään on?
  1. コメント:0
Kansallispuvut/民族衣装
秋に行うカンテレのコンサートではフィンランドの民族衣装を着て演奏する予定です。
先生の家で見せていただいた民族衣装のかわいいこと!

そういえば初めてフィンランドに行った14歳の夏。ホームステイ先の家にあった民族衣装を着せてもらいました。ホストシスターに浴衣を着せ、一緒に写真をとったのを覚えています。

現存するフィンランドの民族衣装の大体は100年以上前、民族ロマン主義時代に生まれました。祝祭時に着られた服のセットを総称として民族衣装と呼んでいるようです。大まかなスタイルは統一されているものの、スカートやスカーフ、エプロン、リボンや帽子の柄、刺繍などは地方によってさまざまで、その数実に400種類以上。昔から今でもひとつひとつ手縫いで仕上げる、まさに伝統が息づく文化です。

  

  


子供や未婚女性は頭にシルクのリボン、あるいはそれに準じたものをはちまき状に結び、既婚女性は帽子をかぶります。男性もたいていは帽子がセットになっています。

日本での和服と同じく(あるいはそれよりも)、フィンランド国内でも民族衣装を着る機会は今やほとんどありません。それは都会になればなるほど。

それでもこうした文化は決してなくなることはなく、これから先も受け継がれていくのでしょう。
【コンサート】2009.05.30 NORDIK TREE
フィンランドの伝統音楽界で活躍しているミュージシャンであるアルト・ヤルヴェラ(フィドル)とティモ・アラコティッラ(ハーモニウム)に、スウェーデンのフィドル奏者ハンス・ケンネマルクを加えて結成された最高のバンド、NORDIK TREE。
フィンランドやスウェーデンの哀愁を帯びたメロディカルなスタイルに、フィンランドの伝統音楽であるペリマンニ(農民音楽)スタイルを取り入れた、彼ら独自の新しい響きが日本で聴けてしまいます。

***
ノルディック・トゥリー来日公演2009

日にち:5月30日(土)
時間:18:00~(開場17:00)
場所:Star Pine's Cafe
  ※吉祥寺駅徒歩3分
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
料金:前売チケット:¥5,000
    (ドリンク別/整理番号順入場、自由席)
出演:NORDIK TREE
 アルト・ヤルヴェラ(フィドル、オクターヴ・マンドリン)
 ハンス・ケンネマルク(フィドル、ヴィオラ)
 ティモ・アラコティラ(ハーモニウム)

【チケット・問合せ】
チケットぴあ(313-934)
Star Pine's Cafe(TEL:0422-23-2251)
***
  1. コメント:0
【コンサート】オリ・ムストネン/NHK交響楽団第1646回定期公演
5月9、10日のNHK交響楽団・定演にフィンランドのピアニスト兼指揮者、Olli Mustonenが登場。
シベリウスの「フィンランディア」や自身の作品「3つの神秘」など、フィンランドを感じること間違いなし!なプログラム構成になっています。

***
NHK交響楽団
第1646回定期公演 Aプログラム

日時:
 5月9日(土) 18:00~
 5月10日(日) 15:00~
場所:NHKホール
住所:渋谷区神南2-2-1
料金:
 S席¥8,150/A席¥6,930/B席¥5,810
 C席¥4,580/D席¥3,460/E席¥1,500
出演:
 指揮・・・オリ・ムストネン
 ピアノ・・・オリ・ムストネン
 オーケストラ・・・NHK交響楽団

【プログラム】
ムストネン / 3つの神秘(2002)
ベートーヴェン / ピアノ協奏曲 ニ長調
 (ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61の作曲者自身による編曲)
シベリウス / 交響曲 第6番 ニ短調 作品104
シベリウス / 交響詩「フィンランディア」作品26
***
  1. コメント:0
Muumipasta/ムーミンパスタ
ニョロニョロ型の袋にはいったムーミンパスタを頂きました。ムーミンキャラクターのカタチをした、可愛らしいパスタです。ムーミンベーカリーカフェで買うことができます。


パスタを拡大してみるとこんな感じ。


GWも折り返し。雨が降る前の曇り空。
出かけるのが億劫に感じてしまいがちなこんな日はかわいいランチを食べて元気になりましょう。
さて、出かけてきます。
【公開講座】北欧デザインとナチュラルライフの旅案内
西武デパート池袋本店、イルムス館の上階で開催されている池袋コミュニティ・カレッジの公開講座で北欧デザインがテーマとして取り上げられます。

***
池袋コミュニティ・カレッジ
北欧デザインとナチュラルライフの旅案内

講師が直接取材したインテリア・ファニチャー・建築・ファッションなど様々な分野で今活躍するデザイナーを、その理念・信条とともに紹介します。各都市の著名ショップ情報など旅する方のお手伝いもいたします。

開講日時:
 1回目 5月24日(土) 13:30~15:30
 2回目 9月27日(土) 13:30~15:30
受講料:
 会員 ・・・¥3,150(1回)
       ¥6,300(2回)
 一般 ・・・¥3,360(1回)
       ¥6,720(2回)
資料代:¥50/回

講師:鈴木 緑(ライター&カメラマン)
東京都生まれ。家具輸入会社へ就職しバイヤーに。その後フリーになり北欧家具をはじめヨーロッパ家具のエージェント業をこなしながら、雑誌の取材・コーディネートを行っている。
著書『北欧 ナチュラルライフに出会う旅』『北欧 デザインと美食に出会う旅』近著『北欧 素顔のデザイナーに出会う旅』

詳細は下記にてご確認ください
http://college.i-printnet.jp/html/200904/20090419/20090401124.htm
***
  1. コメント:0
toivo/願いごと
わたしより数ヶ月だけはやくカンテレをはじめた、わたしと同じ年の子。音楽性豊かな彼女はこれから先、カンテレと共に歩んでいくことを決意しました。

演奏は彼女に比べたらへっぽこなわたしだけれど、カンテレや彼女の音楽を広めるために、少しでも役に立てればと思わずにはいられません。

夢をかなえるための第一歩。
彼女なら、きっと大丈夫。
そう信じて帰りを待っています。

Onnea*
  1. コメント:0
東洋茶館 三國屋善五郎
コーヒーをこよなく愛す私ですが、日本茶も大好きです。残念ながらあまりにアロマ性の香りが強い紅茶や中国茶、ハーブティーは苦手なのですが・・・。

茶葉を買うときによく覗くのが東洋茶館・三國屋善五郎、通称「三國屋さん」。それぞれのパッケージやネーミングもかわいくて、小さめのサイズのものはちょっとしたギフトにもってこい!
私は専ら日本茶の類で季節の緑茶、黒豆茶、ほうじ茶、ときどきウーロン茶などを買っていますが、ハーブティー、紅茶の種類も豊富です。

今日お店を覗いたら、季節の緑茶としてさくらんぼ緑茶が出ていました。5月16日に発売される葡萄の緑茶も気になります。

***
東洋茶館 三國屋善五郎

本社:福井県坂井市三国町加戸72-90
店舗情報はオフィシャルWebにてご確認ください
(通信販売もあります)
http://www.mikuniyazengoro.com/
***
  1. コメント:0