【映画】Myrsky/ムルと子犬
東京国立近代美術館フィルムセンターでは今年も5/28よりEUフィルムデーズが開催されます。EU各国で近年公開された映画を一堂に上映する3週間、フィンランドからは『Myrsky/ムルと子犬』(2008)が紹介されます。

***
myrsky.jpg Myrsky/ムルと子犬(96分)

愛らしい女の子とわけあり犬の涙と笑いの友情物語。動物の大好きな7歳の少女ムルは、姉と両親とフィンランドで暮らしている。ベルリンを訪れた音楽家の父親は街で可愛い子犬を見つけ、娘たちにと連れて帰ろうとすると、街の人々は不可解にも顔をしかめるのだった。子犬を見たムルは狂喜乱舞し、彼らは大親友になっていく…。

製作年:2008年
監督:カイサ・ラスティモ

製作国:フィンランド
言語:フィンランド語
(英語字幕・声優による日本語ライブ吹替)

映画公式HP(フィンランド語):
http://www.myrskyelokuva.fi/

***

大人から子どもまで、家族で楽しめるかわいい映画。
今年のEUフィルムデーズのオープニングを飾ります☆

上映日時:
 ・5/28(金)15:00~
 ・6/5(土)13:00~


その他、EU各国からの映画も盛りだくさん。
詳細は以下にてご確認下さい。

***
EU Film Days 2010

■東京
期間:5月28日~6月20日
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター
住所:東京都中央区京橋3-7-6
料金:
 一般・・・¥500
 学生、シニア・・・¥300
 小・中学生・・・¥100
 障害者・・・無料

■福岡
期間:6月15日~6月25日
会場:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
住所:福岡市早良区百道浜3-7-1
料金:
 一般・・・¥600
 高校・大学生・・・¥500
 小・中学生・・・¥400
 障害/福岡市在住の65歳以上の方/「わの会」会員・・・¥300
 障害者・・・無料

上映作品、スケジュールはオフィシャルWebにてご確認ください。
http://www.eufilmdays.jp/
***
【書籍】ブランドムック~marimekko 1951- 2010
ブランドムックって、あまり好きではありません。が、このブランドには弱い私・・・悔しいけれど、嬉しいです。

***
marimekko 1951- 2010


出版元:宝島社

※上記HP内より:
北欧・フィンランドからやってきた、マリメッコ公式ブランドムックが初登場!美しい柄を生み出すプリント工場、マリメッコで素敵に彩られたデザイナーのライフスタイルやブランドの歴史を現地総力取材。その力強くカラフルなデザインの魅力を大ボリュームで紹介します。もちろんファンにはたまらない新作カタログも充実しています。さらに極めつけは豪華付録。ブランドロゴ柄のトートバッグとポーチの2個セットは、肉厚キャンバス素材がポイントです。

目次:
マリメッコを巡るフィンランドの旅
marimekko――真っ白な国のカラフルなデザイン
 {PART.1} We love marimekko!
 {PART.2} マリメッコを生み出す“marimekko house”潜入記
  >>> プリント工場編
  >>> オフィス編
 {PART.3} マリメッコと共に歩むイソラ家を訪ねて
 {PART.4} 森の中のバッグ工場

marimekko の新作を着て過ごす!
加藤ローサとマリメッコの1日

マリメッコの成り立ちから現在まで――。
History vol.1 marimekko® 1951-2010 ブランドヒストリー

タサライタ×人気モデル7人
ボーダーLOVE!

色彩を操る“才能たち”のヒストリー
History vol.2 marimekko® のデザイナー列伝

7人のマリメッコ好きがお気に入りアイテムを紹介
わたしのmarimekko

ママと一緒に着たい!
キッズも大好き! マリメッコ

毎日持ちたい相棒たちをご紹介
marimekko バッグ&ポーチ大図鑑

これであなたもマリメッコマスター
マリメッコ検定

SHOP LIST
[商品詳細]

***

------------
【購入】
 宝島社
 Amazon
【イベント】第14回 お話と音楽と映像で綴る 北欧の魅力
今年のテーマはフィンランドの民族叙事詩カレワラ、民謡と作曲家ノルドグレン。カンテレも登場します。

***
第14回 お話と音楽と映像で綴る 北欧の魅力

日にち:5月8日(土)
時間:14:00~(開場13:30)
場所:角筈区民ホール
住所:新宿区西新宿4丁目33番7号

料金:¥2,800(小・中学生¥1,200)
 ※収益金の一部は「がんの子供を守る会」に寄付いたします

【申込み/問合わせ】
TEL/FAX:042-735-4168(谷口)

出演:
 大束省三(指揮)
 谷口ひろゆき(トーク)
 谷口艶子(ソプラノ・小型カンテレ)
 飯田佐恵(ピアノ)
 ゲスト・・北欧合唱団

主催:フィンランドのお話と音楽を聴く会
協賛:フィンツアー
後援:フィンランド大使館、(社)日本フィンランド協会、
    日本シベリウス協会

【内容】
・村の音楽師
・ルオンノタル(大気の乙女)
・「カレワラによる3つの歌」
・小泉八雲の怪談によるバラードより「耳なし芳一」「むじな」
・フィンランド民謡他

***
  1. コメント:0
スポンジワイプでHelsinki観光
日本ではまだ馴染みの薄いスポンジワイプ。吸収力抜群で、乾くのも速く、繰り返し何度も使える布巾としてヨーロッパではおなじみのキッチンアイテム。私も留学中はお世話になっていました。

スウェーデンのデザイナー、マリア・ホルマーの都市デザインシリーズの一つ「ヘルシンキ」には、フィンランディアホールにマーケット広場、スオメンリンナ要塞にウスペンスキー大寺院、アテネウム美術館・・・などなど、ヘルシンキの観光名所がすっきりとシンプルかつモダンに描かれています。
フィンランド好きにはたまらないアイテムですね。

サウレサロンでフィンランド語を頑張っているK子さんに頂いてしまいました☆Kiitos!ありがとうございます!

http://www.ecomarket.co.jp/
Cerfeuil 創作自然瓶詰食品 セルフィユ
"素材の味を楽しむ瓶詰めの店"セルフィユでは、優しく美味しく見た目もキュート☆な瓶詰め食品を取り扱っています。
長野県小諸市で作られるオーガニックなジャムやディップ、調味料にはちみつ、お茶・・・種類もさまざま。
見ているだけで楽しくなってしまいます。


中でも最近のお気に入りは"プリンジャム"。
見た目はプリン、そのまま!なのにジャムなんです。ビスケットやクラッカーにつけて頂くのがマイブーム。ちょっとしたギフトにもおススメです。

***
Cerfeuil 創作自然瓶詰食品 セルフィユ
http://www.cerfeuil.jp/

Cerfeuil 軽井沢 上野松坂屋店
東京都台東区上野3丁目 29番5号 上野松坂屋店(南館1F)
tel/fax 03-3835-8441
***

  1. コメント:0
今月のアラビア[2010年4月]
kirpputoriさんから届く月に一度のアラビア・コーヒーカップの会、4月分です。

***
商品名:Juhla
年代:1964~1971年
***

小花実たちが踊る様子はまさにその名の通り、Juhla(パーティ)!春の陽気が寂しい最近には、ほんのり酸味のきいたコーヒーを頂こうかな。
  1. コメント:0
【書籍】麗しき花実(乙川優三郎)
忙しさにかまけてブログの更新を怠っていたら、いつの間にか広告が掲載されていました・・・。
せっかくの春花穏やかな季節、もう少し余裕を持ちたいものです。。

朝日新聞で連載していた乙川優三郎の小説「麗しき花実」。

江戸時代の実在する芸術家たちの中に、放り込まれたヒロイン理野。確固たる信念と女の情を強く心に秘める女蒔絵師を描いた、色鮮やかな作品。
一生手放したくない、と思える本は久しぶりです。

乙川さんの叙情的な小説にはいつもじーんとさせられ、電車の中で開くのがコワイくらい(涙出ちゃうから・・)ですが、この作品は美しさの渦に捉えられてしまうかのように、胸に言葉が響いてくる。
圧倒的な言葉の力を感じます。

作品に触発されて、下町の麗しい花々を眺めにお散歩したくなりました。
  1. コメント:0
今月のアラビア[2010年3月]
すっかり紹介が遅くなってしまいましたが、3月分の"アラビアコーヒーカップの会"。
kirpputoriさん、いつもありがとう☆

***
商品名:Zaida
モデル:OCモデル(Greta Lisa Jäderholm-Snelman)
デザイン:Esteri Tuomula
年代:1952~60年
***

煌びやかな装飾がなんともエキゾチック。
夜更かしのお供にコーヒーグロギなんて、いいかも。
  1. コメント:0