スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月のアラビア[2011年7月]
arabia_201107 夏の日差しから逃れ
ひと息ついてふと足元を見る
名もない小さな花の
たくましい生命力に
木漏れ日の柔らかな日差しも
そっと微笑む

***
商品名:Rypäle
モデル:Eモデル(Göran Back)
絵付け:Raija Uosikkinen
年代:1967~70年
***

Kiitos:kirpputori
スポンサーサイト
【イベント】緑陰花香・アンジェのさわやか夏休み フィンランドフェア
***
緑陰花香・アンジェのさわやか夏休み
フィンランドフェア
20110820-28_ange.jpg

期間:2011年8月20日(土)~28日(日)
開園時間:10:00~17:30
休園日:毎週水曜日
場所:京王フローラルガーデン アンジェ
住所:東京都調布市多摩川4-38
入園料:
 大人(高校生以上) ¥500
 小人 (小・中学生) ¥100

■イベント
・MOOMIN FLORAL SHOP
 ムーミンの夏まつり・ムーミン谷の仲間がやってくる!
 ムーミンたちがユニークなグッズとして勢ぞろいするショップが
 アンジェに登場。花と緑にかこまれたギャラリーでムーミン
 ショッピングをご家族でお楽しみください。
 日程:8月20日(土)~28日(日)
 場所:イベントセミナールーム

・ムーミン谷のガーデニング
 ムーミンの寄せ植え鉢を買って、ミイ、スナフキン、ムーミン&
 フローレンのイメージで鉢づくりにチャレンジしよう!
 日程:8月20日(土)・21日(日)、27日(土)・28日(日)
 時間:11:00~12:00(受付10:00~)

・特別展示フィンランドと日本、森の恵みと住人たち
 魅力あふれる森と住人たちの世界を、フィンランドの「もっとも
 美しい本賞」を受賞した『フィンランド・森の精霊と旅をする』
 など、関連書籍・映像・グッズを集めて紹介します。

・カンテレ コンサート
 フィンランドの伝統楽器「カンテレ」による演奏をお楽しみ
 いただきます。演奏後、会場でカンテレ体験コーナーも。
 日程:8月21日(日)
 時間:10:30~、15:00~
 場所:特設会場

・フィンランドカフェ&ティー
 フィンランド料理研究家の協力でギャラリーパーティーを開催。
 日本ではあまり知られていないフィンランド料理の試食を、
 解説をききながら楽しんでください。
 日程:8月28日(日)
 時間:13:00~15:00
 場所:イベントセミナールーム

詳細はオフィシャルHPにてご確認下さい。
http://www.keio-ange.info/event/index_2.html
***
【イベント】ムーミンの日
ムーミンの作者トーヴェ・ヤンソンの誕生日である8月9日は「ムーミンの日」として楽しいイベントが催されてきました。今年で7回目を迎える「ムーミンの日」にはステージショー、絵手紙コンテストの受賞者発表、ミーのヘアスタイルコンテスト、500枚のエコバックプレゼントなど、様々なイベントが予定されています。

ムーミンの日

***
ムーミンの日の集い 2011

開催日:2011年8月9日(火)
時間:14:00 ~ 16:00
場所:東京後楽園LaQua 野外ステージ
住所:入場料:無料

当日のイベントの他、関連ショップなどで規定額以上の商品をお買い上げの方にムーミンの日オリジナルエコバックをプレゼントするキャンペーンも実施中。
詳細はムーミンの日オフィシャルHPにてご確認下さい。
http://www.moomin.co.jp/11moominday/11moominday1.html
***
【イベント】日本国際切手展2011
日本国際切手展2011 ***
日本国際切手展2011

期間:2011年7月28日(木)~8月2日(火)
時間:10:00~18:00
 ※最終日のみ15:00終了
場所:パシフィコ横浜
住所:横浜市西区みなとみらい1-1-1
主催:郵便事業株式会社、財団法人日本郵趣連合、
    公益財団法人日本郵趣協会
入場料:
 高校生以上 1日券(¥500)/6日間通し券(¥1,000)
 中学生以下、障がい者手帳をご提示の方および同伴者
 1名まで無料

日本国際切手展2011ではフィンランド、ナーンタリにあるムーミンワールドとフィンランド郵政が協力し、ムーミンポストオフィス'横浜出張所'が開設され、ムーミンの切手などが販売されます。
会期中、ムーミンポストオフィスにはムーミンとミーが時々姿を現し、会場を盛り上げてくれます。

■イベント
「ミート・ザ・ムーミン」
7/30(土)10:30/14:00 ムーミンショー

日本国際切手展2011 公式HP:
http://philanippon.jp/
***
【イベント】ムーミンと仲間たち -作家トーベ・ヤンソンからのおくりもの
***
ムーミンと仲間たち
 -作家トーベ・ヤンソンからのおくりもの

山梨県立美術館ムーミンと仲間たち

期間:2011年7月9日(土) ~ 8月28日(日)
開館時間:9:00 ~ 17:00
 ※入館は16:30まで
休館日:7月11、19日、25日、8月1、8、22日
場所:山梨県立美術館(HP
住所:山梨県甲府市貢川1-4-27
主催:山梨県立美術館、テレビ山梨、
   ムーミンと仲間たち展実行委員会
入場料:
 一般  ¥1,000(840)
 大高生 ¥500(420)
 中小生 ¥260(210)
 ※()20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金

■関連イベント
・7月10日(日) 13:30~ 創作教室「君もムーミン谷の住人だ!」
・7月16日(土) 13:30~ 子ども名作映画会
・7月23日(土) 13:30~/8月27日(土) 10:00~
  ミュージアム・シアター 「魔法の帽子」他
・7月17日(日)10:00~11:30/14:00~15:30
  「ぶらっとアート ムーミン谷に集合!」
  (ファミリー向けワークショップ)
・7月31日(日) 13:00~14:00
  「おとなを休もう®」夏のひと時
  ちょっぴりおとなを休んでムーミン谷に旅してみませんか?

詳細は山梨県立美術館HPにてご確認下さい
http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/index.html
***
【詩】Tuulikannel/風のカンテレ(Eino Leino)
***
TUULIKANNEL
 Eino Leino(1905)

Muut sydämen saivat, ma kantelen,
muut murehti, nautti, ma en, ma en,
en kurja ma elää, en kuolla voi,
kun sykä ei syömeni, soi, vaan soi!

Kova kohtalo, ankara arpa tuo:
ei rauhoa yö, ei päivä suo,
ei armoa aika, ei ijäisyys;
sama ilkkuva, helkkyvä sydämettyys.

Mun syömmeni tuulikannel on,
sen kielissä laulu on lakkaamaton,
se yössä, päivässä, yksinään
soi ilmahan ijäti väräjävään.

On tuomitun tuttuja päällä maan
pihat pilvien vaan, tuvat tuulien vaan,
en veljiä, siskoja omata voi,
kun outo on itseni, soi, vaan soi!

Ja tuulet taivahan soittelee!
Kevät saapuu ja syys, suvi pois pakenee,
sukukunnat kulkevat Tuonelaan,
jää kantelo jälkehen kaikumaan.

Kas, pohjainen, kuinka se myrskyää!
Taas läntinen lempeä leyhyttää,
itä ankara itkuja pitkiä tuo;
ei hetkeä helkkymätöntä ne suo.

Ja immyt ikkunan aukaisee.
Kuu loistavi, kutri kimmeltelee.
Mi helkkävi yössä niin himmeään?
Hän kuuntelee, käsi sydämellään.

Ja muistavi muinaista armastaan. –
Ah, tuulikantele on se vaaan!
Ei sielua sillä, ei tuntoa, oi,
ei itke, ei naura, se soi, vaan soi!

Myös kuulevi joskus synnyinmaa.
Se herää ja kahleitaan kalistaa.
Joko vapaus valkeni raikahtain?
Ei, tuulikantele kaikuu vain.

Kiro katkera, julmuus jumalien:
Itse orja, ma vapautta veisailen,
itse lemmetön, lemmestä laulan ma,
itse tunnoton, viritän tunteita!

*

(日本語訳準備中)

***

「Tuulikannel」とはエオリアン・ハープと呼ばれる、自然の風が吹くことによって音のなる弦楽器。ただただ、風に合わせて音を響かせる”カンテレ”を擬人化し、美しく哀しい人生として表現されています。

牧師でありカンテレ奏者でもあるHannu Syrjälahtiが作曲した2台のビックカンテレのための「Tuulikannel」は、カンテレの音がまるで螺旋を描くように交互に鳴り響くとても不思議な曲。

この曲が収録されたCD「Syyspäivänä/秋の日に」は日本カンテレ友の会から購入可能です。
【イベント】糸井潤写真展 Kaamos - カーモス
***
糸井潤写真展
CORRESPONDENCE/LANDSCAPE 2011
Kaamos - カーモス

期間:2011年7月1日(金) ~7月23日(土)
営業時間:12:00-19:00
定休日:月・火曜
場所:工房 親(HP
住所:東京都渋谷区恵比寿2-21-3
TEL 03-3449-9271
入場料:不明

「工房 親」HPより:

”Kaamos - カーモス”
一年間の予定でフィンランド北部、北極圏に属する地域に滞在する事になった。
写真を撮りに来た、と現地で出会った老人に話すと、カーモスの時期はどうするのか、と聞かれた。
「カーモス」とは極夜の事で、太陽が全く昇らない時期を指すフィンランド語だと知った。
三脚を立てればいつでも撮れるさ、と軽く受け流したそのカーモスは、とてつもない存在として現れた。
朝起きたと思っても夜のようで正午わずかに薄明るくなったと思えばまた暗闇に戻る。
そのような世界に唯一人でいるという事は、何にも惑わされることなく、自分自身と向き合うという事だった。
糸井潤
***
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。