スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【講演】2013.07.13 ムーミンの産みの親、トーヴェ・ヤンソンとその仲間たちの知られざる世界
***
ムーミンの産みの親、トーヴェ・ヤンソンと
その仲間たちの知られざる世界
Tove Jansson and her artist friends

期間:2013年7月13日(土)
時間:18:00~19:30(17:30 開場)
場所:amu
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-17-2
講師:トゥーラ・カルヤライネン
  (ヘルシンキ現代美術館KIASMA(キアズマ)元館長、キュレーター、美術史家)
定員:50名
料金:無料

mixiチェック概要世界的に評価の高いヘルシンキ現代美術館KIASMA(キアズマ)元館長で、キュレーター・美術史家のトゥーラ・カルヤライネンさんの来日講演をフィンランドセンターと共催で開きます。

「ムーミン」の作者として世界的に知られるトーヴェ・ヤンソン(1914-2001)。母国フィンランドでは画家としても名声が高く、小説家、挿絵画家、作詞家など、多彩な才能をもつアーティストでした。
今回は「ムーミン」の陰に隠れがちな、ヤンソンの画家としての功績と、彼女のアーティストとの親交をテーマにレクチャーを行います。

今回、来日するトゥーラ・カルヤライネンさんは、ヘルシンキ美術館や、ヘルシンキ現代美術館KIASMAの館長を歴任し、フィンランドの現代美術を扱う多くの展覧会を手がけてきたキュレーター・美術史家です。

2014年はヤンソン生誕100周年であり、これを記念して、カルヤライネンさんのキュレーションによるトーヴェ・ヤンソンの大規模な回顧展がKIASMAで行われます。
日本ではまだ知られていない、トーヴェ・ヤンソンの新たな魅力を解き明かします。

※当日は日本語通訳が入ります。

トゥーラ・カルヤライネン Tuula Karjalainen
キュレーター、美術史家。ヘルシンキ大学博士課程修了(美術史)。フィンランド・エスポー美術館のチーフキュレーター、アート・アカデミーの副ディレクター、ヘルシンキ大学教授(美術史)、ナショナル・ギャラリーの総合アーカイブ・ディレクター、ヘルシンキ美術館館長、ヘルシンキ現代美術館KIASMA(キアズマ)館長などを務める。現在は、フリーランスのキュレーター。著書『a New Image Builders』『Martha Wendelin』『Eternal Sunday』『Stock Photos』など。多数の出版物、展覧会に執筆。

詳細:http://www.a-m-u.jp/event/2013/07/tovejansson.html

【お申込み】
下記のお申し込みフォームに必要な項目をご入力ください。
お申し込みの際は、「privacy policy」をお読みいただき、同意の上で「同意して確認」ボタンを押してください。
https://www.a-m-u.jp/inquiry/tovejansson.html

※ご記入のメールアドレス宛にお申し込み内容をお送りいたします。
メールが届かない場合は、お手数ですが、amu事務局までご連絡ください。
※応募者多数の場合、定員に達した時点で締め切りとさせていただきます。
[必須]が付いている項目については、必ずご入力ください。
***
スポンサーサイト
【展示】2013.07.12-09.30 トーヴェ・ヤンソンの夏の家
***
トーヴェ・ヤンソンの夏の家
-ムーミン物語とクルーヴ島の暮らし-

期間:2013年7月12日(金)~9月30日(月)
休館日:日・祝日、8/10~8/18(夏期休館)
開館時間:10:00~18:00(最終日は17:00まで)
場所:Gallery A4( ギャラリーエークワッド)
住所:東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1F
料金:無料

ムーミンの作家として日本でも人気のあるトーヴェ・ヤンソンの魅力を紹介する。フィンランド湾に浮かぶ岩の孤島クルーヴ島(ハル)に手作りの小屋を建て1991年(77歳)までの毎夏を過ごしました。孤独は最高の贅沢だと知っていた、トーヴェ・ヤンソンの生き方と暮らしを見つめ、彼女の創作の足跡を追うことで、精神的な豊かさや便利な社会の足元を見つめ直す機会となれば幸いです。

【関連イベント】
■基調講演&シンポジウム
日にち:2013年7月12日(金)
時間:18:30~20:30
場所:竹中工務店東京本店2階 ABホール
定員:先着100名
料金:参加無料
【内容】
1. 基調講演
 第1部 「私とトーヴェ・ヤンソン」 18:30~19:00
  講師:冨原眞弓(哲学者、聖心女子大学哲学科教授)
 第2部 「トーヴェ・ヤンソンの自伝を出版して」 19:00~19:45
  講師:トゥーラ・カルヤライネン(『トーヴェ・ヤンソン』伝記著者/文筆家)
  通訳:安達まみ(翻訳家、聖心女子大学英文科教授)
2. シンポジウム
 「トーヴェ・ヤンソンからのメッセージを読み解く」 19:50~20:30
  講師:冨原眞弓、トゥーラ・カルヤライネン)
  通訳:安達まみ

■ワークショップ
「フィンランドの伝統装飾『ヒンメリ』を作ろう」
日にち:2013年8月24日(土)
時間:13:30~16:00
場所:竹中工務店東京本店1階
対象年齢:中学生以上
定員:先着20名
料金:¥500
講師:ウッラ・キンヌネン
   (フィンランドセンター 文化・コミュニケーション担当マネージャー)

ヒンメリとは・・・
フィンランドの伝統装飾です。『Himmel』という、スウェーデン語で”天”を意味する言葉を語源に持つ藁細工による伝統装飾は、太陽神の誕生祭や収穫祭を12月下旬の冬至に行うヨウル(Joulu)の飾り物として、長らく用いられてきました。麦藁に紐を通してつくる正八面体を基本に、様々に発展させることによって独創的でモダンなモビールが出来上がります。
今回のワークショップでは、藁の代わりにストローを使用します。

■フィンランドの暮らしの雑貨マーケット
会期中、フィンランドの暮らしに関する雑貨を販売するマーケットを開催致します。
開催予定日:7/19(金)、7/20(土)、8/24(土)
会場:竹中工務店東京本店1階
※詳細未定、決まり次第情報追加予定。

イベントのお申込みは下記「送信フォーム」より。
https://www.takenaka.co.jp/a-quad/form.html

詳細:http://www.a-quad.jp/exhibition/exhibition.html

【お問合せ】
ギャラリーエークワッド事務局
TEL:03-6660-6011(担当:岡部)
E-mail:gallery@a-quad.jp
***
【書籍】フィガロジャポン ヴォヤージュ Vol.29
***
【書籍】フィガロジャポン ヴォヤージュ Vol.29 フィガロジャポン ヴォヤージュ Vol.29
北欧の美しいデザインに触れる旅
ストックホルム・コペンハーゲン・ヘルシンキへ

出版社:阪急コミュニケーションズ
価格:¥980(税込)
発売日:2013年6月5日

緑あふれる街、モダンなデザイン雑貨やホテル、ノルディックキュイジーヌなど、北欧の魅力を1冊にまとめました。インテリアショップ、カフェやレストラン、公園など、地元っ子が愛する最新アドレスを紹介します。

■3都市から行く田舎町
フェーヴィーケン/ボーンホルム島/トゥルク

詳細:
http://madamefigaro.jp/magazine/voyage/vol-29.html
***
Ivana Helsinki×ユニクロ&PLAZA
フィンランドのファッションブランドIvana Helsinki(イヴァナ・ヘルシンキ)が、ユニクロ&PLAZAとコラボレーション!
PLAZAでは6/13より雑貨が、ユニクロでは2013秋コレクションでカットソーやパーカなどが販売予定。
楽しみですね。

***
Ivana Helsinki(イヴァナ・ヘルシンキ)
http://www.ivanahelsinki.com/
1998年、Paola Ivana Suhonen(パオラ・イヴァナ・スホネン)が立ち上げたファッション、テキスタイルブランド。2007年、フィンランドブランドとして初めてパリファッションウィークに参加。
アパレルデザインだけではなくモダンアートのプロジェクトにも数多く携わっている。フィンランドの伝統的な陶器メーカーKermansavi社のための食器シリーズ”Saimma”やKapaus社のドッグジュエリーデザインも担当。
***

PLAZA:http://www.plazastyle.com/

IvanaHelsinki×PLAZA

ユニクロ:http://www.uniqlo.com/jp/

IvanaHelsinki×UNIQLO
Hermanninn Viinitila/ヘルマンニ ワイン
Hermanni Viinitila(ヘルマンニ ワイン社)は、フィンランドで最も古いワイナリー。1989年にロシアとの国境沿いの町Ilomantsi(イロマンツィ)に設立され、以降フィンランドのベリーを使用したフルーツワインを造り続けています。

中でもベリーのスパークリングワインの定評は高く、小さなIlomantsiの町に、このワイン目当てに訪れるファンもいるほど。IlomantsiにあるViinitorni(ワインタワー)の頂上には、展望台とヘルマンニのワインを楽しめるバーがあります。カレリアの風景を見渡していると、湖を挟んですぐそこには隣国ロシアが。
Viinitorni(ワインタワー)

ヘルマンニ社のワインは、つい5年ほど前まではフィンランド国内にもなかなか出回っておらず、地元でのみ楽しまれていましたが、最近ではヘルシンキのVantaa空港でも数種のスパークリングワインを買うことが出来るので、私もフィンランドを訪れる度に買っています。
また、アルコールショップAlkoでも、ヘルマンニ社のベリーの白ワインと赤ワインを取り扱っています。

Hermanni_Haigu.jpg  Hermanni_Mazikka.jpg  Hermanni_KuldaHibbu.jpg

ほんのり甘く、キリリとしっかりした泡が爽やかなベリーのスパークリング。ぜひご賞味あれ。

***
HERMANNIN VIINITILA OY
Käymiskuja 1
82900 Ilomantsi
http://www.hermanninviinitila.fi/
***
Kantele Flash mob in Tampere/カンテレ フラッシュ・モブ
街中で、突然はじまるパフォーマンス。始めは数人だったのが、だんだん、だんだん人数が増え、いつの間にか大勢が集まり・・・パフォーマンスが終わると、即座に解散。

インターネットの普及により、不特定多数の人々が呼びかけに応じて集まり、共にパフォーマンスを行う「フラッシュ・モブ」が世界各地で見受けられるようになりました。

国際カンテレコンクールの開催に合わせ、タンペレの街にカンテレが大集合。リズムにのってカンテレを奏で、歌う楽しい様子をぜひご覧下さい。

---
日にち:2013/05/23
場所:Tampere koskikeskus
演奏曲:Mukawa laululeikki(楽譜
作曲:Soili Perkiö

---
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。