スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【書籍】木の音をきく/Tyttö ja naakkapuu
***
木の音をきく/Tyttö ja naakkapuu


文:リーッタ・ヤロネン
絵:クリスティーナ・ロウヒ
日本語訳:稲垣美晴
発行元:猫の言葉社
価格:¥2,100(税込)
2012年9月刊行

父親が亡くなり、遠くの町へ引っ越すことになりました。母親の仕事や二人の住むところを探すために、今日は電車に乗って引っ越す町を見にいきます。母親が切符を買っているあいだ、少女は、駅のそばにある木の下で、カラスを見ながら静かに待っています。
木からいっせいにカラスが飛びたつと、少女には、愛するものを失う木の気持ちが痛いほどよくわかり、少女の心に、父親の思い出が次から次へとよみがえってきます。
[商品詳細]

***
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。