スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【CD】Baltian kantelekansat(バルト国のカンテレ弾き)/オムニバス
フィンランドの国営放送局YLEのラジオ番組”民族音楽の夕べ”では2012年を「カンテレの年」としてテーマに掲げ、フィンランドのカンテレと、カンテレと同じルーツをたどる弦楽器たちを紹介してきました。
★詳細(以前の記事)

番組の取材時に収録した様々な地域の”カンテレ”たちの音をまとめた音源をまとめる試みが企画され、いよいよ第1弾が発売となりました。
「Baltian kantelekansat(バルト国のカンテレ弾き)」と題された今回の音源では、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国で弾かれているカンネル、コクレ、カンクレスの音色が楽しめます。

CD化はまだされておらず、現時点での販売はiTuneダウンロード商品としてのみ。
続く他の地域の”カンテレ”たちの音も楽しみですね。
企画詳細(フィンランド語)

***
CD_KanteleenKielin.jpg Baltian kantelekansat

■From エストニア
01 Eesti maarahva Labajalg
  演奏:Liina Kask(クロマティックカンネル)
02 Labajalavalss
  演奏:Liina Kask(クロマティックカンネル)
03 Vauva
  演奏:Margit Kuhiと生徒たち(カンネル)
04 Kiri
  演奏:Tuule Kann(クロマティックカンネル)
      Jaak Sooäär(エレキギター)
05 Pulmad põllul
  演奏:Tuule Kann(小型カンネル)
      Jaak Sooäär(エレキギター)
06 Kui mu naine pahanoas
  演奏:Aivar Arak(カンネル)
07 Saarenmaan valssi
  演奏:Aivar Arak(カンネル)
08 Targa rehealuna
  演奏:Aivar Arak(カンネル)
09 Külapolka
  演奏:Aivar Arak(カンネル)
10 Padespann
  演奏:カンネルオーケストラKumma

■From ラトビア
11 Ziemas stāts
  演奏:Laima Jansone(コクレ)
12 Garais dancis
  演奏:Laima Jansone(コクレ)
13 Veretīs
  演奏:Laima Jansone(コクレ)
14 Saulīte
  演奏:Laima Jansone(コクレ)
15 ”7”
  演奏:Laima Jansone(コクレ)
16 Mierinājums sirdij lietainā dienā
   ar latviešu tautasdziesmu ”Gauži raud saulīte”
  演奏:Latvīte Podiņa(小型コクレ、コンサートコクレ)
      Ieva Danovska(コンサートコクレ)
      Dace Bleikša(コンサートコクレ)
      Sanita Sprūža(コンサートコクレ)
17 Tanssisävelmä
  演奏:2010リガ市 カンネルオーケストラ

■From リトアニア
18 Lastenlaulu
  演奏:Egidijus Virbašius(カンクレス)
19 Dzūkiška lopšinė
  演奏:Aistė Bružaitė(カンクレス)
      Algirdas Jedemskij(birbynė)※
20 Raliavimas
  演奏:Aistė Bružaitė(カンクレス)
      Algirdas Jedemskij(birbynė)
21 Girios idilija – Lietuvos Giružė
  (カンクレス)
22 Sutartinė
  演奏:Laura Lukenskienė(小型カンクレス)

※birbynėはリトアニアの伝統楽器。形状は素朴な縦笛のようだが、シングルとダブル両方のリードを用いることの出来る木管楽器。

製作:Matti Kontio,Timo Väänänen
録音:Leena Häkkinen,Matti Kontio,Timo Väänänen
発売元:Kanteleen kielin,IMU
発売年:2013年

iTune:
https://itunes.apple.com/fi/album/baltian-kantelekansat/id590982160?ign-mpt=uo%3D4
***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。