スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【書籍】雪の女(Luminainen)
***
雪の女



著:レーナ・レヘトライネン
訳:古市真由美
発行元:創元推理文庫
価格:¥1,260(税込)
2013年1月11日発行

エスポー警察の巡査部長マリア・カッリオは、有名なセラピストが開いた女性限定のセラピーセンター、ロースベリ館での講演を依頼された。そして数週間後、そのセラピストが行方不明になり、雪深い森で死体で発見された。彼女はなぜ厳寒の中、そんなところまで歩いていったのか?当時館に滞在していたのは、なにやら訳ありな女性ばかり……。北欧フィンランドを舞台に、小柄な女性警官マリアが事件を追う。
〈推理の糸口賞〉受賞作。

[商品詳細]

以下にて訳者あとがき全文がご覧になれます。
フィンランドの気候や人柄、当時の社会状況が窺え、作品への理解と興味がぐっと増しますよ。
http://www.webmysteries.jp/translated/furuichi1301.html
***

------------
【購入】
 創元推理文庫
 Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。