【イベント】【展示】2013.02.06-02.28 Kari Piippo Posters & Drawings - Simple, Strong and Sharp -
***
Kari Piippo Posters & Drawings
- Simple, Strong and Sharp -
カリ・ピッポ ポスター展

期間:2013年2月6日(水)~2月28日(木)
休館日:日曜・祝日
開館時間:11:00~19:00
    (土曜は18:00まで)
場所:ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg)
住所:東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル
料金:入場無料

【展示内容】
デンマークをはじめフィンランドなどの北欧デザインは、ここ日本でも久しく脚光を浴びています。モダンで洗練されていながら、どこかぬくもりのある北欧デザインに多くのファンが魅了されてきました。しかしながらフィンランドのグラフィックデザインとなると、その実態はあまり伝わってきていないのが実状ではないでしょうか。 そんなフィンランドを代表するグラフィックデザイナー、カリ・ピッポ氏は「良いポスターとは、シンプルで、力強く、シャープである」をデザイン哲学としています。氏曰く「作品に不必要なものは何も含んでいない。しかし必須のものはすべて取り込んでいる」 作品一つ一つについて、公にはあまり語らないカリ・ピッポ氏ですが、必要最小限の色数とタイポグラフィで表現される、極限までそぎ落とされた造形が、観る者に多くを語ります。 本展では、ピッポ作品の真髄、劇場ほか文化イベントのポスターを中心に、日頃から描きためているドローイングも展示します。作品の1点1点からデザインの本質を感じ取るとともに、そこに森と湖の国フィンランドの風景を思い浮かべることができるかもしれません。

【プロフィール】
Kari PIIPPO(カリ・ピッポ):
1945年フィンランド生まれ。67年ヘルシンキ・スクール・オブ・インダストリアルアート卒業。87年に自身のスタジオ設立。イラストレーションとポスターデザインを専門とする。89~97年ヘルシンキ・アート&デザイン大学(現アールト大学)にてグラフィックデザインを教える。2004年より多摩美術大学客員教授。中国伝媒大学名誉教授。富山、ワルシャワ、ラハチ、ブルノ、メキシコ等国際ポスター賞の審査員を務める。世界中で展覧会やレクチャー、ワークショップを開催。大阪dddギャラリー、アメリカ、ドイツ、トルコ、ハンガリー、ウクライナほかで個展。国内受賞歴:プロ・フィンランディア・メダル(芸術選奨)、ステート・インダストリアルアート・アワード(フィンランド工業芸術賞)、グラフィックアーティスト・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀グラフィックアーティスト)、フィンランド・グラフィックデザイン賞プラチナおよび金賞、最優秀フィンランドポスター賞受賞数回。国際受賞歴:メキシコ国際ポスタービエンナーレ金賞(1990、2006年)、ショーモン イコグラダ優秀賞(90年)、ワルシャワ・ポスタービエンナーレ イコグラダ優秀賞(2010年)、ラハチ国際ポスタービエンナーレ銀賞(91年)、ジェシェフ国際ポスタービエンナーレ1等賞(93年)、コロラドCIIPE(コロラド国際招待ポスター展)1等賞(99年)、スロバキア・エコポスタートリエンナーレ グランプリ(2000年)、トルナヴァ・ポスタートリエンナーレ グランプリ(2012年)。国際グラフィック連盟(AGI)会員。

【関連イベント】
■ギャラリートーク
日時:2月6日(水)16:00~17:30
講演:カリ・ピッポ
会場:DNP銀座ビル3F
入場無料/要予約/定員70名
※参加お申し込みは1/21(月)11:00より開始

展示詳細:
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000591

【お問合せ】
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
TEL:03-3571-5206(担当:尾澤)
***