Hermanninn Viinitila/ヘルマンニ ワイン
Hermanni Viinitila(ヘルマンニ ワイン社)は、フィンランドで最も古いワイナリー。1989年にロシアとの国境沿いの町Ilomantsi(イロマンツィ)に設立され、以降フィンランドのベリーを使用したフルーツワインを造り続けています。

中でもベリーのスパークリングワインの定評は高く、小さなIlomantsiの町に、このワイン目当てに訪れるファンもいるほど。IlomantsiにあるViinitorni(ワインタワー)の頂上には、展望台とヘルマンニのワインを楽しめるバーがあります。カレリアの風景を見渡していると、湖を挟んですぐそこには隣国ロシアが。
Viinitorni(ワインタワー)

ヘルマンニ社のワインは、つい5年ほど前まではフィンランド国内にもなかなか出回っておらず、地元でのみ楽しまれていましたが、最近ではヘルシンキのVantaa空港でも数種のスパークリングワインを買うことが出来るので、私もフィンランドを訪れる度に買っています。
また、アルコールショップAlkoでも、ヘルマンニ社のベリーの白ワインと赤ワインを取り扱っています。

Hermanni_Haigu.jpg  Hermanni_Mazikka.jpg  Hermanni_KuldaHibbu.jpg

ほんのり甘く、キリリとしっかりした泡が爽やかなベリーのスパークリング。ぜひご賞味あれ。

***
HERMANNIN VIINITILA OY
Käymiskuja 1
82900 Ilomantsi
http://www.hermanninviinitila.fi/
***