【映画】「ファブリックの女王」
北欧を代表するファッション・ブランド「マリメッコ>」
創業者アルミ・ラティアの波瀾万丈な人生模様を描く映画が、いよいよ公開されます。

***
ファブリックの女王

期間:2016年5月14日~
原題: Armi elää(Armi alive!)
監督:ヨールン・ドンネル
製作国:フィンランド
製作年:2015年
上映時間:85分
提供・配給:パンドラ + kinologue

【劇場】
2016.5.14~ 【東京】ヒューマントラストシネマ有楽町
2016.5.14~ 【東京】ヒューマントラストシネマ渋谷
他、全国にて公開

【ストーリー】
戦後まもないフィンランド。
戦争で兄弟も工房も失ったアルミは、夫のヴィリヨが買収した業務用のオイルプリントを作る会社で働き出す。やがて、個人向けに綿のファブリックにプリントすることを思いつき、1951年、新たな会社を立ち上げる。
会社の名前は<マリメッコ>。
しかし、その船出は順風満帆とは言えなかった。そこで、ただファブリックを売るだけでなく、その使い方を示すドレスのファッションショーを企画。ヘルシンキで初めて行なわれたファッションショーは、全財産をかけた大博打だったが、大成功をおさめる。カラフルで斬新なデザインのファブリックと、女性をレースやコルセットから解放したドレスは、たちまち注目を集め、事業は軌道に乗り始めた。
アルミは才能あるデザイナーを集めて自由にデザインさせ、それぞれのファブリックには名前とデザイナーの名前を記すことにした。<マリメッコ>はアルミの全てであり、何でも言い合える従業員たちは“家族”だった。しかし“家族”の面倒を全て引き受け、出費を惜しまないアルミは、銀行団に非難され、幾度も倒産の危機に陥った。
一方、<マリメッコ>にのめり込むあまりに常識を外れていくアルミに、夫や子どもたちはついていけなくなっていた。理解されない、愛されない寂しさを、酒や他の男性で埋めようとするアルミ。<マリメッコ>は「知的な人々のユニフォーム」として世界に認められるようになり、職住が一体となった自然あふれる理想郷 “マリメッコ村(マリキュラ)”をつくるためにアルミは奔走するのだが・・・ 舞台劇でアルミ・ラティアを演じる女優マリアの俯瞰的視点で、アルミの人生を浮き彫りにしていく。

オフィシャルサイト: http://www.q-fabric.com/

【映画】「ファブリックの女王」
***