【カレリア語:ヴィエナ方言 文法】人称代名詞・指示代名詞
●人称代名詞
人称代名詞

ここであげた人称代名詞は、文の主語として使用することのできる「主格」と呼ばれる形です。
他の言語と比べて気を付けなければならないのは、3人称。
hänという語は女性に対しても、男性に対しても使用します。
つまりフィンランド語と同様、カレリア語の人称代名詞に性差はありません。

●指示代名詞
指示代名詞

指示代名詞と呼ばれる語は、日本語の「これ、あれ、それ」にほぼ一致します。
人称代名詞と同様、上記は「主格」と呼ばれる形です。

これらの指示代名詞は単独で使われるほか、名詞の前について「この、あの、その」という意味で形容詞的に使うことも可能です。

tämä kišša (この猫)   tuo kirja (あの本)  se kirikkö (その教会)

>>【カレリア語:ヴィエナ方言 文法】INDEXに戻る