スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【カレリア語:ヴィエナ方言 文法】 -ko/-kö を使った疑問文
● -ko/-kö を使った疑問文

カレリア語では「~ですか、~しますか」というような、「はい」あるいは「いいえ」で答えることのできるような疑問文を作るときに、通常文の動詞に -ko/-kö という印をつけて文頭に置きます。
-ko/-kö の使い分けに関しては、【カレリア語概要:母音調和】で確認してください。

動詞 olla には -ko をつけて疑問文をつくることができます。
それぞれの人称形に変化させた後に -ko をつけます。

Šie olet opaštuja. /あなたは学生です
⇒ Olet-ko šie opaštuja? /あなたは学生ですか?

さて、相手から質問をされたどう答えればよいでしょうか。 基本的には質問時と同じ動詞をつかって「~です、~します」と答えます。つまり、動詞の肯定形で答えます。
また、kyllä(はい, もちろん)という語を使って答えることも可能です。

Olet-ko šie opaštuja? /あなたは学生ですか?
- Kyllä, mie olen opaštuja. /はい、私は学生です
- Olen. /そうです
- Kyllä. /はい

質問の答えが「~ではない、~しない」場合には、動詞の否定形で答えます。

- Ei, mie en ole opaštuja. /いいえ、私は学生ではありません
- En ole. /そうではありません
- En. /いいえ



>>【カレリア語:ヴィエナ方言 文法】INDEXに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。