【カレリア語概要】母音調和
カレリア語には a, e, i, o, u, y, ä, ö の8つの母音があります。
参考:【カレリア語概要】カレリア語ABC(アルファベット)-ヴィエナ方言/オロネツ語

カレリア語には、あるグループの母音と別のグループの母音は同じ語の中に出てきてはいけないという約束があり、これを「母音調和」と呼んでいます。
8つの母音は以下のように3つのグループに分かれます。

母音調和1

カレリア語の母音調和は、「『前母音 vs 後母音』の対立にもとづく『舌の調和』」(※1)です。
① のグループに属する y, ö, ä という音と、③ のグループに属する u, o, a という音は、一つの語に一緒に出てくることはありません。
例えば、kynä (ペン)という単語はありますが、kyna という単語はありえません。
同様に laukku (鞄)という単語はありますが、 laykky という単語はありえません。

② のグループに属する i と e は母音調和には関与しない中間的な立場にありますので、① と③ どちらのグループの母音とも一緒に使われます。
例えば、kirja (本)という単語もありますし、piä (頭)という単語もあります。

この母音調和の約束は、単語に格語尾や人称語尾をつけるときに非常に重要になってきます。
例えば piä (頭)という単語に内格語尾(-ssa/ssä)をつける場合は、①の前母音である ä が含まれていますので -ssä をつけて piä-ssä とします。

また、もし単語の中に②のグループである i, e しかない場合には、①の前母音を含む語尾をつけます。
例えば tie (道)という単語に接格語尾 (-lla/-llä)をつける場合は、tie-llä となります。

全体的なイメージを下図で確認しましょう。

母音調和2


>>【カレリア語概要】INDEXに戻る