スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪とサウナと煙と湖
サウナ小屋前にも紹介したラハティという街に再び友だちに会いに行ってきました。今回の目的はサウナ!ただのサウナじゃありません。初体験、スモークサウナ!スモークサウナは煙突のないサウナ小屋内で、ストーブに薪をくべて煙を室内に充満させて暖めて、煙を追い出してから入るというもの。煙突のあるサウナが多い昨今、スモークサウナに入る機械はなかなかありません。今回は友だちの通っている学校で昔教鞭をとっていらっしゃったという日本人の先生が招いて下さいました。招待してくれた友達、初対面にも関らず優しくして頂いた先生に本当に感謝!
さて。フィンランドのサウナ…というと、夏にコテージに行ってサウナ小屋で身体を暖めてから湖にドボーン!というイメージが浮かぶ人が多いはず。今は雪が降り、湖には氷が張っている寒い寒い冬。こんな冬には湖の氷を割って、冷たーい水に飛び込むのです。
サウナから暖かくなって出てくると一気に寒い雪の世界。湖に向かって歩いているだけで身体も冷えてきます。そこを踏ん張って湖へ!あら不思議と気持ち良い!一度体験すると病みつきになってしまいます。
ソーセージを食べながらサウナを満喫した後鏡を見てみたら、サウナの煙でおでこが黒くなっていました。そんな自分に笑いつつ、身も心もリフレッシュされた夜なのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。