スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィンランドのクリスマス
fin_c12月19~28日の間、恵比寿にて開催されていたフィンランドカフェ2009。結局今年も行けず仕舞いでした(去年も仕事で行けず・・・)。

サウレサロンに行くとき、表参道駅の改札前に愛らしいトントゥのポスターが貼ってあるのをみて『今年こそは・・・!』と思ってはいたのですが。残念です。

私の代わりに(?)行ってきた姉が持ち帰った"Cafe Sanomat Tokio"(フィンランドカフェで毎年頂ける新聞型の情報紙)にフィンランドのクリスマス料理のレシピが載っているのを見て、フィンランドで過ごしたクリスマスを思い出したりしてみました。

フィンランドのクリスマス料理で欠かせないのは何と言ってもハム(Joulukinkku)!
大きなかたまりで買ってきて上にマスタードを塗り、クローブを散りばめ燻製にしたクリスマスのハムは、それぞれの家庭の味です。

それから色鮮やかなビーツのサラダ、ロソッリ(Rosolli)、色んな野菜のグラタン・・・と呼ぶにはシンプル過ぎる箱料理(Laatikko)。
プルーンのジャムを載せたクリスマスパイ(tähtitorttu)やジンジャークッキー(Piparkakku)を作るのは子供たちのお仕事。
甘いものと一緒に飲む、赤ワインor黒すぐりのジュースをベースにシナモンで煮込んだグロギ(glögi)はポカポカ身体を温めてくれます。

フィンランドの料理は素朴ながら、心温まる冬国ならではの一品が多い気がします。
1年の中でフィンランド人が最も大切に思うイベント、クリスマスの料理も、家族と共に過ごすための優しい味。

ところで"Cafe Sanomat Tokio"内で間違い発見。
今年のクリスマス切手のデザインはマウリ・クンナスではなく、ユリア・ヴオリですよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。