スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lohikeitto/サーモンスープ
フィンランドの伝統的なサーモンスープを作りました。

鮭の頭でとった贅沢なおダシをもとに、生クリームと牛乳で味付けをし、ごろんとしたジャガイモとサーモンをたっぷりいれ、ディルで着飾らせるサーモンスープは、フィンランドでは一般的な家庭料理のひとつ。

ヘルシンキで美味しいサーモンスープを頂くにはTöölönkatu(トーロ通り)にあるフィンランド料理のレストランKuu(クー)がおススメ。 ここのサーモンスープは地元でも美味しいと評判です。
最近ガイドブックでもよく紹介されているレストランSea Horse(シーホース)も美味しいです。

一般的なサーモンスープはクリームベースの乳白色のものですが、クリームを使わず、サーモンと野菜からとったおダシだけで頂くタイプもあります。
北の街Oulu(オウル)にある伝統料理のお店Sokeri-Jussin Kievari(ソケリ-ユッシの宿屋)ではクリームを使わないスッキリしたスープを、注文した人数用の小鍋でテーブルに持ってきてくれます。

でも一番「美味しい!」と感じたのは、寒い日に市場に出ているお安いスープを外で食べた時でしょうか。上品な味もいいけれど、寒さには何よりの温かさがご馳走ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。