Runebergintorttu/ルーネベリケーキ
ルーネベリケーキ今日、2月5日は"J.L.ルーネベリの日"でフィンランドの旗日です。

ルーネベリ(J.L.Runeberg・1804-77)はフィンランド文学史に名を残す有名な詩人で、スウェーデンとロシアの支配に揺れるフィンランド国民へ民族意識を高めさせました。現在のフィンランド国家"Maamme(我が祖国)"の詩も彼の作品です。
彼はスウェーデン語を母語としていたので、Maammeの原詩もスウェーデン語で書かれました。彼とMaammeの原詩が刻まれた銅像がヘルシンキのエスプラナーディ公園に中央に建っています。

さて、フィンランドでこの時期だけ楽しめる誘惑物=甘いあまいお菓子の一つに彼の名前のついた"Runebergintorttu(ルーネベリケーキ)"があります。アーモンドやジンジャーベースのしっとりしたスポンジの上にラズベリーのジャム。それを取り囲むクリーム。ルーネベリの日には欠かせないおやつです。

ではなぜルーネベリさんの日にこの甘いケーキを食べるのでしょう。語り継がれている話によると、ルーネベリさんはポルヴォーという街にあるパン屋さんのケーキを朝ごはんとしてよく食べていたそう。そのケーキのレシピを彼の奥さんであり、フィンランド文学史上初の女流作家であるフレドリカ(Fredrika Charlotta Runeberg)が改良し、後に出版したレシピ集に載せたとのこと。

素朴な飾り付けがかわいいフィンランドらしいスイーツ。
美味しくて簡単!ということで、家庭でフィンランドを味わうのにピッタリです☆