スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kirjat kanteleesta/カンテレに関する本
へっぴり腰ながらそれなりに弾けるようになってきた、カンテレ。
毎日楽しく練習しています。

さて、そもそもカンテレってどんな楽器なのでしょう?
カンテレ説明ページに書いたような一般的な概説は知っているし、ちょっとインターネットで検索してみれば手に入る情報です。
それ以上の情報を知ろうとしたら・・・例えばフィンランド国内での地位、楽器の形の変遷、著名な演奏家、作曲家たちなんかを知ろうとしても、日本語での資料は残念ながら皆無といっていいでしょうね。

ということでお勉強。
先生の家にあるカンテレに関する本や冊子をごっそり借りてきました。数にして70冊以上!古いものは私が生まれる前、1970年代後半に発行されたものまであります。

これから少しずつブログでも紹介していくつもりです。 皆さんもぜひ一緒にカンテレについて”お勉強”してみてくださいね。

自分の好きな楽器のことをもっと知り、そして色んな人に知ってもらうために。
しばらくフィンランド語漬けな日々になりそうです。
  1. コメント:0
この記事のコメント
コメントの投稿









:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。