スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Kantele Column】サルミネンとコンサートカンテレの誕生
もともとは5弦を中心に、歌をうたう際の伴奏として用いられていたカンテレ。カレワラ音楽(>>【Kantele Column】『カレワラ』の中のカンテレ)では重要な伴奏楽器として演奏されていました。

1600年代になると、フィンランドの民族音楽に変化が訪れます。
それまでのカレワラ音楽に代わって新しい民族音楽、いわゆるペリマンニ音楽(ポルカなど、農民の間で流行したダンス音楽)が台頭し、それにあわせ伴奏楽器もヴァイオリンやアコーディオンが普及してきます。

民族音楽の変遷とともに、カンテレも多くの曲を演奏出来るようにと改良を余儀なくされます。大型化され、弦の数は20?30本に増加。同時に奏法も変わり、左手で和音、右手でメロディーを演奏するようになります。形式化された楽器・奏法が伝統的民族楽器から芸術音楽用の楽器へと改造されることとなったのです。

半音階にも対応できるようなカンテレが開発されたのは1920年代頃のこと。
コンサートカンテレを開発したパウル・サルミネン(Paul Salminen;1887-1949年)は、もともとヘルシンキフィルハーモニーオーケストラでのトロンボーン奏者でした。さまざまな音楽や楽器に精通していたサルミネンは、1920年頃より半音階調整可能なカンテレの製作に着手しはじめます。歌手でもある妻のイダ(Ida Maria Salminen)と共に各地域でおこなったコンサートでは、自らが開発過程のカンテレで伴奏をつとめています。

半音階調整可能なこのカンテレを、当時はその構造上から"メカニックカンテレ"と称されていました。これが現在のコンサートカンテレにあたります。

サルミネンの開発したカンテレを年代順に並べてみると、その過程や、彼の試みを伺い見ることができます。

■No.1
 製作年:1925年
 製作番号:12
 製作初期のもの。
 このとき、調整用のレバーは左下部(※長い弦を下にして)にあります。


■No.2
 製作年:1936年
 製作番号:55
 調整用のレバーは右下部(※長い弦を下にして)にあります。


サルミネンが開発にあたっていた頃、大型カンテレの演奏スタイルでは民族調のハーパヴェシ(Haapavesi)スタイル(短い弦を手前にして弾くスタイル)が主流でした。それを思うと、レバーが長い弦側にあるのも頷けます。
クラシックスタイル(長い弦を手前にして弾くスタイル)の私からしてみれば、レバーが下にあるとこの上なく扱いづらいですが・・・。

サルミネン没後、彼の遺志を引き継いだスロ・フオタリ(Sulo Huotari)によって改良され、現在の形へと定着していきます。

■No.3
現在主に使われているタイプ
調整用のレバーは左上(※長い弦を下にして)にあります。


サルミネンはコンサートカンテレの開発の他、カレリア地方の伝統曲やさまざまなクラシック曲をカンテレ用に編曲した楽譜集や、チューニング教本などを出版しており、サルミネンはクラシックスタイルの礎を築いたともいえるでしょう。

現在では彼の開発したコンサートカンテレでクラシックの名曲も含め、さまざまな曲がカンテレで演奏されています。

>>【Kantele Column】記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。