スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏至の夜に
夏の祭典、Juhannus(ユハンヌス/夏至祭)はフィンランドではもっとも大切なイベントのひとつです。 前夜にはコッコと呼ばれるかがり火を焚き、邪な気を煙にのせて遠ざけます。

白夜の美しいこの季節、フィンランド北部の地域では、それこそ1日中太陽が沈みません。 夏の光と収穫の祭典を、人々は白い夜の空気の中、歌い、踊り、祈り、過ごします。

太陽も、人も眠らない日。
それがJuhannus。

***
mids__2_.jpg 光と神聖な気に溢れるJuhannusの日には、"ユハンヌスの魔法"と呼ばれるおまじないのような言い伝えがたくさんあります。
中でもポピュラーなのがコチラのおまじない。

Seitsemän erilaista kukkaa tyynyn alle juhannusyöksi.
Nukkuessa pitäisi sitten aviopuolison ilmaantua unessa.

ユハンヌス前夜、7種の異なる野花を枕の下にしいて寝ると
将来の結婚相手が夢に出てくるでしょう


Hyvää juhannusta ja idyllistä kesänjatkoa!
素敵なユハンヌスと、夏の続きを☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。