【ライブ】大萩康司@STB139
高校?大学生の頃、クラシックギター鑑賞に見事にハマり、その時注目されていた若手ギタリストたちのコンサートへちょくちょく足を運んでいました。
その中でも大萩康司さんの心に沁みる演奏は、当時の私の心に穏やかながら強い衝撃を与えてくれました。

大萩さんの演奏は一言で表すなら、とにかく『上手い』。
テクニックや雰囲気を含め、全てが完成されている見本的な音楽。それでいて決して無機質ではなく、コンサートが終わった後もしばらくは残響が頭を支配するほど印象的。 人懐っこい笑顔も魅力のひとつです。

久しぶりに、本当に久しぶりに彼の生のギターの音を聴きに行きました。
ハバナの人情味溢れる楽曲をソロで謡い、ゲストの若手バンドネオン奏者、三浦一馬さんとパッション溢れる音楽バトルで酔わす。 やっぱりこの音、好きだなぁとしみじみ感じ入りました。

アンコールで弾いてくれたのが、私の大好きな曲『11月のある日』だったという偶然もとても嬉しかった!またクラシックギターに再熱しちゃいそうです☆

***
大萩康司@STB139 クラシックギタリスト
大萩 康司
Official Web:http://www.jvcmusic.co.jp/ohagi/

写真:STB139HPより
***
  1. コメント:0
この記事のコメント
コメントの投稿









: