スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【書籍】木々は八月に何をするのか/Mitä puut tekevät elokuussa
***
木々は八月に何をするのか
 -大人になっていない人たちへの七つの物語
Mitä puut tekevät elokuussa



著者:Leena Krohn
    (レーナ・クルーン)
日本語訳:末延弘子
発行元:新評論
価格:¥2,100(税込)
2003年10月発行

[商品詳細]
***

今、踏みしめている大地の内側に、もう一つの世界があると思いますか? 刻まれてゆく時間は保存できるでしょうか? 何が普通で何が普通ではないのでしょう? 木々は八月に何をするのか、あなたは知っていますか? 著者レーナ・クルーンは目から鱗を優しく剥がすように、七つの物語を集めた本書で私たちに間断なく問いかけます。
あなたは信じますか?こんな幻想的な世界の存在を!
新評論HPより抜粋)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。