スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィンランド大統領選挙 2012 No.3
2月5日(日)に行われたフィンランド大統領選挙 決選投票の結果は以下のとおり。

①Sauli Niinistö(国民連合党) ・・・62.6%
②Pekka Haavisto(緑の同盟) ・・・37.4%

Sauli Niinistö これにより、国民連合党のSauli Niinistö(サウリ・ニーニスト)が第12代フィンランド共和国大統領に当選しました。

ニーニストはこれまでに財務大臣、法務大臣、副首相などに就任、近年では国会の議長を務めていました。1996~2003年の財務相時代にはユーロ導入に大きく貢献し、その功績が今回の選挙結果にもつながったという見方が強いよう。ユーロ圏の財務危機が続く中、EU連合との結びつきが強く財務経験豊かなニーニストに、有権者は国を委ねた形になります。

ここ30年続いた社会民主党の大統領時代が終わり、保守派の大統領が誕生したことも注目すべき点。
ニーニスト大統領の任期は3月1日から6年です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。